花子とアン 4話 女の子は不要

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年4月3日(木)放送
第1週 第4話 「花子と呼んでくりょう!」

『花子とアン』第1週 第4回「花子と呼んでくりょう!」

はなが奉公に旅立つ前日の夜、朝市は、はなに好きなだけ本を読ませてやろうとはなを連れ教会に侵入。しかし、人に見つかり逃げる途中で池に転落。朝市は、はなだけを逃がします。

夜が明け、奉公先へ旅立つ朝になりました。家族に別れを告げるはな。しかし、安東家にやって来た仲介人は、先方が望んでいるのは力仕事が出来る男の子で、女の子は要らないと言い、米俵を持って帰ろうとします。

立ち去ろうとする仲介人に、吉太郎が待ってくれと声をかけました。自分が奉公に出ると言い出したのです。反対する母やはなを振り切り、即座に出発の準備をまとめると、吉太郎は仲介人に連れられ安東家を後にしました。

吉太郎が出発した直後、池に落ちたのが悪かったか高熱を出すはな。二日経っても熱が下がらいはなは死を覚悟し、吉平に筆と紙を借りると辞世の歌を詠むのでした。そんなはなを抱え、吉平は医者のところへ向かいます。


『花子とアン』第1週 第4回 「花子と呼んでくりょう!」
 感想

「俺が奉公に出る」

兄の吉太郎くんの凛とした顔が際立った第4話。持ち去られようとする米俵をじっと睨む時の吉太郎くんの鋭い目つきが忘れられません。この瞬間に奉公に出ようと決意を固めたのでしょうか。

冬を無事に乗り切るための最後の望みの米俵ですが、それを守ろうとして自ら名乗り出ようとしたのか。それとも行くなとすがるふじお母ちゃんに、父は自分が好きでないからいつかこの家を出ようと思ったというこの言葉が本心なのか。

凛とした顔と冒頭で記しましたが、父の吉平への複雑な思いを持っているせいかちょとだけ暗い目をしている吉太郎くん。ちょっとネタバレになりますが、吉太郎くんは成長後、父との確執が更に深くなるようです。

そして、その確執をどのように乗り越えてゆくことになるのか。そういう意味で将来がとても楽しみな吉太郎くんでした。

さて、ヒロイン・はな。最近になってやっと字の読み書きが出来たばかりだというのに、あれだけ立派な辞世の歌を詠むなんて、どんだけ神童なのか。これがフィクションならば、あり得ないと大バッシングになるところ。

しかし、実際の話しが基になっているので、本当にあの辞世の歌を文字を覚えて間もなく詠んだのでしょう。時世の歌の直後のナレーションで「この辞世の歌がはなの運命を変える」とありましたが、これからどんな運命が開けてゆくのか。目が離せません。

<<前回3話 | 次回5話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 4話 女の子は不要”

  1. 祥子 より:

    朝市くんを沼?池?に置き去りにしたまま、早く行けと言う言葉に従うはな。朝市くんには、幾つもの恩が残ります。
    熱を出したはな。時世の句を紙に書くところ。きっと覚えたばかりの文字で。やはり、特別なんだと思います。子役の山田望叶さんの演技が光りますね。
    子役さんとしたら、め以子さんの時よりも、大河ドラマの綾瀬はるかさんの時よりも、演技は大変なんじゃないでしょうか。
    チリ地震の津波の速報で、今日のあさイチはなくなってしまいましたが。。
    こちらは、あちこちで避難施設が用意され、情報が流れ、ヘリがばんばん飛んでいます。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      生まれつき、人並み外れた才能を持った人物の芝居は子役も、成長後も難しいだろうと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ