花子とアン 11話 カンニングで課題提出

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年4月11日(金)放送
第2週 第11話 「エーゴってなんずら?」

『花子とアン』第2週 第11回「エーゴってなんずら?」

課題の締切日にはなから英語の手紙を受け取った富山は、他の生徒の課題とともに英語の手紙の束をブラックバーン校長に手渡しました。そして二学期の課題の発表の日、はなは落第を免れたばかりか一番高い点数をとってしまいました。

一同が拍手する中、ブラックバーン校長と富山は本当に自分で書いたのかと追求。これだけ書けるなら英語でスピーチしろと迫る富山の難題に、はなは毎夜スコットが歌っていた英語の歌を披露。はなの完璧な英語にブラックバーンは謝罪します。

しかし礼拝堂で懺悔するはな。実は、はなはスコットの部屋を掃除した時に見つけたスコットの手紙を、恋文とは知らずにそのまま書き写していたのです。そしてスコットはショックのあまり体調を崩し自室に引きこもってしまうのでした。

ある日、校内でスコットに会ったはな。謝りたい気持ちを抑えきれないはなは日本語で自分がしてしまったことを全て白状し、懸命にスコットに頭を下げます。そのはなの謝罪を後ろで聞いていた人がいました。富山と茂木です。


『花子とアン』第2週 第11回 「エーゴってなんずら?」感想

いつぞやブラックバーン校長先生のことを鬼みたいに怖いとはなが神様に祈っていたので、おっかない人だとばかり思ってましたが、優しそうな人じゃないですか。はなが不正していたとは言え、完璧な英語の歌を聞いて素直に謝罪しお礼まで言うなんて。

あげた拳をすんなり下ろしたブラックバーン校長先生に対して、富山先生は拳を下ろせないまま。下ろす下ろさないというより、富山先生はまだあの時点でも疑ってかかっていたんでしょう、きっと。

でも今回の一件で、ブラックバーン校長先生が一気に好きになりました。謝罪しお礼を言った時の優しそうな表情で、人と成りがよくわかりました。でもはなに二重に騙されたわけですから、明日がどうなるか怖いですね。

不正の善し悪しは脇に置いておいて、はなの機転の効かせ方はすごいですね。手紙を書き写してしまうのは機転というより単なる怖いもの知らずかも知れないですが、スピーチしろと迫られて英語の歌で切り抜けるとは。将来が楽しみです。

スコット先生、気の毒でしたがあそこにいた誰一人、はなが読み上げた手紙が恋文だとは気がつかなかったのは不幸中の幸いでした。スコット先生が書いた恋文だということも発覚し一悶着起きるのかとドキドキしていました。

さて、謝りたくても英語がしゃべれずどうしたらいいのかわからないはな。でも、スコット先生の顔を見た途端、言葉が出来ないとかそんなことは忘れて一心に謝るはな。卵を盗んでも謝らなかったリトルめ以子と比べてしまいました。

自分がしでかしたことを洗いざらいスコット先生に白状するはな。その後ろで富山先生が犯人を追い詰める刑事のように眼を光らせていました。美輪さんが絶妙なタイミングで「お〜怖い」と言ってくれたのでマイルドなテイストになったものの、これまでの富山先生で一番怖い顔でした。

<<前回10話 | 次回12話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “花子とアン 11話 カンニングで課題提出”

  1. hublog より:

    コメントありがとうございます。
    はなが歌った歌、スコット先生が毎晩歌っていた歌は16世紀から伝わるスコットランド民謡で『The Water Is Wide (O Waly, Waly)』という歌だそうです。『マッサン』に登場する予定の曲もスコットランド民謡になるかと思います。
    挿入歌では五木ひろしの『ふるさと』が一番印象強く残っています。繰り返し使用されていましたからね。

  2. えびすこ より:

    はなが番組内で披露した歌の曲名は何ですか?
    聞き覚えのない歌で今日初めて聞きました。
    「欧米の民謡」の様な歌でしょうか。
    次回作「マッサン」でもヒロインが歌を歌うシーンがあるようです。
    そういえば前作も前々作も、登場人物が歌を歌うシーンがありましたね。
    あまちゃん以降は番組挿入歌が「付き物」となったかも。

  3. 祥子 より:

    はなはスコット先生に何度も頭を下げていましたね。気持ちが伝わるといいですね。望叶ちゃんの清らかな歌声、子どもは耳で聞いた歌を覚えるのも早い!
    十字架の前で懺悔するはな、心の美しい女性になったんだろうなと感じました。
    今日のかをる子様の言葉はイヤミでしたね。

    あさイチにおとうの伊原さんがびょーんと出演していつビックリしました。
    子役の朝市くんも大好きです。はなのことをすごく思っているんですね。嫁にもらえなくて残念。

    • hublog より:

      コメントありがとうございました。
      今回のかをる子様、はなの語学力への嫉妬が混じっていたんでしょうね。はなにだけは越されたくないという思いは相当強いと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ