花子とアン 15話 門限破りの罰と贈り物

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年4月16日(水)放送
第3週 第15話 「初恋パルピテーション!」

『花子とアン』第3週 第15回「初恋パルピテーション!」

孤児院からの帰りが遅くなり門限を破ってしまったはなは、学校の塀を乗り越えるところを富山と茂木に見つけられ、ブラックバーン校長から門限破りの理由を質されました。はなは罰として学校と寄宿舎の年末の大掃除をすべて一人ですることに。

冬休みを迎え学友たちが次々と家に帰る中、はなは一人残って学校中の大掃除。白鳥かをる子の監視の眼が光る中、掃除を続けるはな。その頃、富山と茂木は孤児院でミニーがはなに宛てた手紙を託され、はなが門限を破った真相を知りました。

事情を校長に説明しようにも通訳を拒む富山。しかし、ミニーの手紙を見たブラックバーン校長は「考えがある」としか言いません。ほどなくしてはなの大掃除が完了し、教師たちが拍手する中ブラックバーン校長ははなにプレゼントを贈ります。

プレゼントは大掃除の給金。こんなものは受け取れないと拒むはなに、ブラックバーン校長はそのお金で故郷に帰りなさい!と一喝。スコットに手伝ってもらったクッキーを手土産に、はなは5年ぶりとなる故郷・甲府を目指すのでした。


『花子とアン』第3週 第15回 「初恋パルピテーション!」感想

第15回はブラックバーン校長先生と、白鳥かをる子様が強烈な印象を残す回でした。

はなの門限破りの真実が明らかになり、温情を請う茂木先生に対して異常なまでにいきり立って通訳を拒む富山先生。ブラックバーン校長先生、日本語はわからないながらも感情的になるなと富山先生を一言で黙らせます。すごい貫禄。

ミニーちゃんの描いた可愛い絵手紙、曇った眼でなければミニーちゃんが過ごした幸せなひと時を表現した絵ですが、曇った眼だと「こんなにくっついちゃって」とか、あらぬ方向に関心が向くようですね。

『花子とアン』は戦争の時代もくぐり抜けることになりますが、願わくば富山先生の曇った眼の原因となっている心の傷がそれまでに癒されますように。言論が統制される戦時下で富山先生みたいな人が検閲官にでもなったらこの上ない悲劇です。

さて、曇りのない眼でミニーちゃんの絵手紙からはなのやったすべてを察したブラックバーン校長先生、門限破りの罰は罰としてさせながらもその罰を相殺するようなプレゼント。

受け取るのをためらうはなに、普通なら優しく微笑みかけながら遠慮なく受け取りなさいくらい言わせたいところでしょうが、「GO HOME!」と一喝。ブラックバーン校長先生らしさを損なわない演出が見事です。

ブラックバーン校長先生の「男前ぶり」が今回初めて明らかになり、一気にファンも増えたんじゃないでしょうか。

さてもう一人、強烈な印象を残したキャラ・白鳥かをる子様。ストーカーのようにはなにつきまといつつも、悪意あってやっているのか、励ますつもりでやっているのか、全く読めないあの表情がたまりません。

<<前回14話 | 次回16話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 15話 門限破りの罰と贈り物”

  1. hublog より:

    コメントありがとうございます。
    姉さんかぶりの手拭い・・・さすがしっかりとご覧になっておられますね。僕など全く気がつきませんでした。演出家の方もご存知なかったか、はなの育ちをさりげなく見せるための演出だったか、といったところでしょうか。それにしてもブラックバーン校長先生、素敵ですね。

  2. 祥子 より:

    ブラックバーン校長の粋な計らい。深読みができる先生が校長だから、嬉しいです。はなは、学校中を掃除したんだから、脚色ではなく、本当であれば大変な労力です。学校中のガラスを拭くなんて、かをる子様のは、もう意地悪ではない?ちょっと気になったのは、掃除の終わったはなが、校長先生の前に立つシーン。普通なら、姉さんかぶりの手拭いはとるのでは?
    被ったままでしたね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ