花子とアン 26話 蓮子がロミオ役立候補

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年4月29日(火)放送
第5週 第26話 「波乱の大文学会」

『花子とアン』第5週 第26回「波乱の大文学会」
 あらすじ、ネタバレ

第一幕の台本が出来上がり『ロミオとジュリエット』の稽古が本格的にはじまったものの、蓮子が稽古に姿を現しません。はなが蓮子の部屋まで呼びに行くと、蓮子は自分にはかまわず皆ですすめてほしいと、稽古には全くも無関心です。

その頃甲府では、長男なのにはなやかよに先を越されたと思い悩んでいた吉太郎ですが、兵隊という目標をみつけたと朝市に打ち明けました。しかし物心つく前に日清戦争で父を亡くしたという朝市は素直に喜べません。

舞台の稽古に出てきてもやる気のない蓮子にしびれを切らし亜矢子が役を降りると言い出します。騒ぎを聞きつけたブラックバーン校長は、亜矢子と蓮子が役を交換するよう指示を出しその場を収めました。

亜矢子はロミオ役を熱心に稽古しはじめるも蓮子は相変わらず。たまりかねたはなが蓮子にどうして主役に名乗りを上げたのか問い詰めると、復讐したい人がいると言い出す蓮子。その上蓮子は復讐の協力をはなに呼びかけるのでした。


『花子とアン』第5週 第26回 「波乱の大文学会」
 感想

蓮子様に翻弄されっぱなしの26回。主役に立候補した蓮子様に亜矢子さんが眼をむいて「ご冗談でしょ?」と言った質問こそが「ご冗談」レベルのかなり失礼な質問だと驚かされましたが、亜矢子さんの危惧した通りの結果に。

稽古がはじまっても姿を現さなかったり、はなが引っ張り出して来たのかやっと稽古に出たと思ったら今度は「こんな陳腐な台詞に感情を込めろというのは無理」ともっともらしい理由を言って稽古をボイコット。

亜矢子さんもついに切れて役を降りると言い出しても「どうぞ」の一言。誰も蓮子さんに歯が立たない。こんな厄介なことに関わらずにすんで、富山先生、投げ出してしまって良かったですね。

さて、そんな中、はなが「どうして主役なんかやろうとした」のかと蓮子様を問い詰めると「復讐したい人がいる」と実に穏やかでない答えが帰ってきました。しかも「ははさん、復讐に付き合ってくださらない」

この続き、二人はどんな会話を交わすのでしょうか。明日が待ちきれません。

話し変わって、吉太郎君のこと。はなやかよに先を越されてしまったと思い悩んでいたとは。長男で先を越したのが妹とあっては確かに心中穏やかでなかったはず。そんな吉太郎君が目標を見つけて、はじめて見せる明るい笑顔。

いつまでもあの笑顔のままでいてほしいものです。

<<前回25話 | 次回27話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 26話 蓮子がロミオ役立候補”

  1. えびすこ より:

    朝市が父親の顔を知らずに育った人であることが初めてわかりました。朝市の生年で考えると生まれたすぐ後に父親が戦死したのかな。
    主人公である村岡花子さんのご兄妹が、学校で十分勉強できなかった(進学を断念せざるを得なかった)のは実話のようですね。
    昨日発売の「週刊女性」で賀来賢人くんのインタビュー記事があるようです。ちなみに彼の叔母さんが賀来千賀子さんです。
    ところで山梨県を訪れたことはありますか?河口湖と塩山には学校の行事で行ったことがありますが、甲府市中心部には行ったことはないです。これまた学校の行事で下諏訪に行く際に、電車で通り過ぎたことはあります。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      山梨県はここ十年ほどご無沙汰していますが、それ以前は年に何回も観光に行くほど好きな土地でした。甲府の盆地の景色は雄大で建物が少なければ北海道に通じるものがありますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ