花子とアン 30話 舞台は大成功、蓮子の復讐

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月3日(土)放送
第5週 第30話 「波乱の大文学会」

『花子とアン』第5週 第30回「波乱の大文学会」
 あらすじ、ネタバレ

『ロミオとジュリエット』の上演がはじまりました。蓮子は「父の操り人形ではありません」というジュリエットの台詞に自分の思いを乗せ、客席にいる兄・晶貴を睨めつけます。苦虫を噛み潰したような顔をする晶貴。

途中で緊張し過ぎたはなが舞台上で転倒するなどのハプニングに見舞われたものの、蓮子と亜矢子の熱演による『ロミオとジュリエット』は無事に閉幕。幕が閉じるのと同時に誰よりも早く大きな拍手を贈ったのは他でもない富山でした。

舞台が終わり涙を流す富山。かつて舞台に立った自分を見初めたあの人は、ロミオのように愛を貫く人ではなかったと述懐する富山。その富山をじっと見守る男性、富山はしばしその男性と見つめ合ったままその場から動けなくなりました。

舞台終了後の懇親会で、はなは蓮子に「復讐」を提案。晶貴の背中に張り紙を貼り、晶貴に大恥をかかせたはなと蓮子は手を取り合って会場から逃走。電車に飛び乗ったはなと蓮子は「腹心の友」となったのでした。


『花子とアン』第5週 第30回 「波乱の大文学会」
 感想

舞台『ロミオとジュリエット』の幕が閉じ、真っ先に生徒たちに大きな拍手をおくった富山先生の笑顔が美しい。いつもピリピリしていた富山先生に周りの人たちも迷惑に思っていたでしょうか、一番苦しんでいたのは他ならぬ富山先生。

今日の吹っ切れた笑顔を見て、それまでの暗闇の中を歩んでいたような富山先生の心の中がちょっとだけ見えたような気がしました。かつて、ジュリエット役で舞台にのぼり観客の一人に見初められたものの、その人は「ロミオ」ではなかった。

その「ロミオ」ではなかったと思しき男性の後ろ姿が今回気になる登場。あの男性の正体は?過去に何が起こったのか?ロミオではなかったとは?すべての謎は来週に持ち越されるようです。

舞台の感激と自分の過去への想いが交錯し涙を流す富山先生に、茂木先生がそっとハンカチを差し出すさりげない優しさも心に沁みました。寮母というだけのことはあって、母のような存在感。

蓮子様も、「父の操り人形ではありません」「家に閉じ込められたまま生涯をおくることなどできない」とジュリエットの台詞ひとつひとつに兄・晶貴に言いたかった思いをたっぷり込めて熱演。

あまりの熱演に、舞台の幕が閉じた瞬間の蓮子様を見直したと口には出さないまでも、その眼がすべてを物語っている亜矢子さんの輝く瞳が印象的でした。あの瞳で十分、下手な褒め言葉がなくて良かった。

今回は、富山先生と蓮子様。心に大きな問題を抱えてそうな二人の心が癒される深い物語であった一方、はなは意外にも笑わせてくれました。激しく転倒し、台詞はしどろもどろでところどころ間違いも。

はなの笑いが一歩間違えれば重たくなりがちな今回のお話を軽やかなテイストに仕上げてくれました。

蓮子の手をとって、懇親会会場から逃走するはな。この二人が明るい笑顔で逃げる場面、『花子とアン』思い出の名場面の一つになりそうです。

<<前回29話 | 次回31話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “花子とアン 30話 舞台は大成功、蓮子の復讐”

  1. えびすこ より:

    今週は「劇中劇」の展開でしたが、今日の回の終盤の悪戯はやってやろうと思ったのでしょうか。
    ティボルトはジュリエットのいとこだったんですね。醍醐さんがジュリエットからロミオに役替えとなりました。最初は戸惑っていましたが今日の回を見る限りでは、結果オーライで適役でしたね。醍醐さん役の高梨さん。今後注目を集めそうです。
    そういえば、「ロミオとジュリエット」の新作映画が制作されたのですが、日本ではまだ上映時期が未定のようです。ジュリエット役が新人女優と聞きました。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      醐さん役の高梨さん、笑顔がとてもきれいでこれから注目が集まりそうですね。彼女は数年前に巨匠アッバス・キアロスタミ監督の映画で主演女優をつとめ、ヨーロッパの映画祭などで注目を集めました。かよちゃん演じる黒木華さんも、先般ベネチアだったかで賞をとったばかり。充実の女優陣ですね。

  2. 祥子 より:

    蓮子はジュリエットの役を自分のこととして演じてみたかったのですね。
    私はロミオ役の醍醐さんが好き。はまり役ですね。

    はなは、舞台でこけてしまいました。かわいそう。

    富山先生が少し変わって来たので嬉しいです。氷山も融けるでしょうか。
    偶然会ったのは、お相手役の出版社の編集長、梶原さん?
    来週の展開が、またまた面白そうです。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      来週あたりから、主要な登場人物が一挙に増え人間関係もいよいよ複雑さを増してくるようです。面白くなってきましたね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ