花子とアン 33話 葉山伯爵家の経済的困窮

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月7日(水)放送
第6週 第33話 「腹心の友」

『花子とアン』第6週 第33回「腹心の友」

蓮子の兄・晶貴は、このままでは家屋敷も手放さなければならない葉山家の窮状を救うための見合いをしてほしいと蓮子に頭を下げて懇願。莫大な結納金が目当ての縁談をすすめられ、自分をお金で売るつもりかと蓮子は兄を詰ります。

一方、出版社でのはなの最後の出勤日、その日に村岡が入稿する予定だった翻訳原稿が煙草の火の不始末で焼失。社員たちが呆然とする中、はなが翻訳を買って出ます。しかし書棚にあるはずの英英辞典が持ち出されてしまっています。

英英辞典が修和女学校にあると村岡に教えるはな。村岡は修和女学校に駆けつけたものの、男子禁制の女学校に侵入した不審者と間違われ白鳥に捕まってしまいます。後から駆けつけたはなの説明でようやく英英辞典を手に入れるはなと村岡。

はなが翻訳に励んでいるその頃、梶原は富山に求婚したものの断られてしまいます。同じ頃、蓮子は兄・晶貴にすすめられた見合いの席で、九州の石炭王・嘉納と顔を合わせていました。そんなことはつゆ知らず蓮子の帰りをはなは待ち続けるのでした。


『花子とアン』第6週 第33回 「腹心の友」感想

予告動画では村岡さんがはなに語りかける「はじめて会ったような気がしない」という台詞が、くどき文句の定型文みたいで実はちょっと白けてしまったのですが、この台詞には続きがあったんですね。

(初めて会ったような気がしない理由が)「今やっとわかった、似てるんですねナマケモノに」初めて会ったような気がしなかったのは、百科事典で良く見ていたナマケモノの生態と見た目がそのままはなだった・・・。

馬鹿にしているのかと思ったら、真剣な褒め言葉。怒り出すはなが理解できず「こんなに可愛いのに」と、ナマケモノのイラストを見ながらぼやく村岡さん。人当たりも良く頭も良さそうな好青年ですが実はものすごい変人というキャラがたまりません。

はなの天然ボケと村岡さんのやっぱりこちらも天然ボケが今後どう絡み合ってゆくのか、楽しみが増えました。面白い漫才が見れますように。

白鳥かをる子様が久しぶりに登場。村岡さんを背負い投げした上羽交い締めに。こんな特技があるなんて。駆けつけたはなが事情を説明し無事に釈放され英英辞典も手に入れた村岡さんですが、帰り際はなと村岡さんが並んで歩く距離が近過ぎると一喝。白鳥かをる子様はいつも変わらず白鳥かをる子様でした。

さて、梶原編集長が富山先生に求婚。出版社に帰ってから求婚を断られたことをはなにはっきり告げるとは。一方の富山先生の言葉も朝から聞くには切な過ぎます。「つかみそこねた幸せはもう取り戻せないんです、教職という仕事が今の私の幸せです」

そして蓮様がついに見合いの席に。見合いの場所は明治村にある旧帝国ホテルでしょうか。室内の柱の装飾に見覚えがあります。

帝国ホテルかどうかはさておき、九州の石炭王氏が初登場。この方はしばらく出続けることになりますが、一体どんなおじさんなのか。見続けることに耐えられるキャラであることを切望します。(無言で蓮様の品定めするような、あんな行動がずっと続くのはちょっと気が引けます)

<<前回32話 | 次回34話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 33話 葉山伯爵家の経済的困窮”

  1. 祥子 より:

    富山先生、一度失ったものは2度と戻らない的なことをおっしゃっていましたが、そうかな〜。梶原さんと結婚して幸せになる道もあるのでは?陰湿な顔をして口をへのじにしているよりはずっといいと思うけど。
    はなの、自立もしたいけど、結婚して子供も産みたい、も素直な考えだと思う。
    蓮様は遂にお見合い。
    花子とアンの登場人物のランキングで、1位が蓮子役の仲間さん。2位が茂木先生。3位がはな。仲間さんは女優としての力量見込まれかな?ちょっとあくが強くて、私は苦手なんです。
    ラジオを聞けないので、やはり後で教えて下さい。

    • hublog より:

      コメントありがとうございました。
      教職が幸せと言い切る富山先生、ちょっと強がりが見え隠れしていましたね。対局から他人も自分も見れないのが富山先生の弱点かも知れません。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ