花子とアン 34話 九州の石炭王との見合い

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月8日(木)放送
第6週 第34話 「腹心の友」

『花子とアン』第6週 第34回「腹心の友」

晶貴の懇願に従い九州の石炭王・嘉納伝助と見合いをした蓮子。寄宿舎に戻りたがる蓮子を、晶貴は葉山邸に連れて帰ります。筑豊弁が恥ずかしくて話しを出来なかった伝助は、洗練された蓮子に縁談を断われると思い込み福岡に戻る準備を始めます。

その頃、吉平は東京に来ていました。吉平が協力していた新聞社の中心人物たちが逮捕される現場を目撃した吉平は遠方に身を潜めることを決意。その事情を隠してはなのもとを訪ね、娘の成長を心から喜びつつはなに別れを告げます。

葉山邸では、晶貴が縁談を承諾するよう蓮子を説得していました。乗り気でない蓮子に晶貴は深々と頭を下げると、蓮子を必ず説得するという約束で伝助からすでに結納金を受け取ってしまったことを告げるのでした。言葉を失う蓮子。

翌朝、蓮子が寄宿舎に帰って来ました。帰って来るなり今週末にはなの実家に行って家族に会いたいと言い出す蓮子。はなが「お嬢様」を連れて来るという報せに騒然となる甲府の安東家に、はなと蓮子は汽車で向かうのでした。


『花子とアン』第6週 第34回 「腹心の友」感想

一言もしゃべらずにワインを飲む音だけ響かせる嘉納伝助。松田優作主演の映画『家族ゲーム』を彷彿させる場面でしたが、しゃべらない理由が顔に似合わず愛らしい。「筑豊弁でしゃべったら馬鹿にされる」

東京の華族の洗練さに気圧され「どうせ断って来るにきまってる」と伝助。「一代で巨万の富を築いた事業家」なのにずいぶんと小心なんですね。こういうギャップのあるキャラは好きなのでこれからどんな顔を見せてくれるか楽しみです。

さて、久しぶりに吉平お父ちゃんが登場。「グッドイーブニング、はな」「グッドイーブニング、お父」も久しぶりに見れました。この二人の間だけで通じる挨拶、この挨拶をすると途端にはなは子供に戻ってしまいます。

子供に戻ったはなですが、そのはなの成長を心から喜び祝福する吉平お父ちゃんの言葉の一つ一つが心に沁みます。「はな、大人になったな、お父の知らないうちに成長している、歯を食いしばってがんばったからだ」

「こぴっと頑張るだよ」と言葉を贈り、寄宿舎に戻るはなの後ろ姿に万感の思いを込めて「達者でな」。最悪の場合、二度と娘に会えない。そこまで思い詰めていたかもしれませんね。実に切ない「達者でな」でした。

蓮様の兄やん、結納金を受け取ってしまった由。蓮様を説得することを約束に受け取ったということですが、結納金を受け取ってしまった事実があれば蓮様を説得しやすくなるだろうという計算も働いたかも。奸智だけはたいしたものです。

蓮様がどう決断を下したのかは明らかにされませんでしたが、ある決意のもと、はなの甲府の実家行きを希望。はなの帰郷の電報でお嬢様が来ると大騒ぎ、無口なおじいやんの「お嬢様に何を召し上がって頂くだ」がつぼにはまりました(笑)

そして、はなと蓮様は甲府へ。甲府のはなの家族たちはどんな顔で蓮様を迎えるのか、安東家の人たちの反応が待ちきれません。

<<前回33話 | 次回35話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ