花子とアン 35話 蓮子、甲府のはなの実家へ

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月9日(金)放送
第6週 第35話 「腹心の友」

『花子とアン』第6週 第35回「腹心の友」

はなと蓮子は汽車ではなの実家がある甲府に向かいました。はなと蓮子を迎えに来た吉太郎は、美しい蓮子を見て一目惚れ。家に着くと、蓮子の美しさと洗練された言葉遣いや立ち居振る舞いにはなの家族は騒然となります。

ふじの手料理・ほうとうを振る舞われる蓮子。ふじのほうとうは日本一だと言ってほうとうを喜んで食べる蓮子を見て、緊張していた家族もようやく蓮子と打ち解けることができるのでした。

そこへ地主の徳丸が乗り込んで来ました。こんなあばら屋に伯爵様を泊めるわけにはゆかない、我が屋敷で御馳走と言う徳丸。蓮子は、安東家の家族と枕を並べて眠るのを楽しみにしているのだから邪魔しないでほしいと徳丸を追い返してします。

夜、眠れずにいる蓮子の寂しそうな表情に抱えきれないほどの悩みを持っていることを察したふじ。囲炉裏端で、ふじからうちの家族と言われた蓮子は、ふじを「お母」と呼ぶと感極まって号泣しはじめるのでした。


『花子とアン』第6週 第35回 「腹心の友」感想

『花子とアン』はじまって以来の号泣回でした。亡き母のことを語り始め、一度でいいから母に会ってみたかったと、母への恋しい気持ちをはじめて吐露する蓮様。ふじお母ちゃんの包容力が蓮子の心を柔らかくしたようです。

「蓮子様はうちの家族じゃ、こんなすすけたお母でよければいつでもほうとうつくって待ってる」ふじお母ちゃんのこの一言が、母を知らずに育った蓮様の母を必要とする娘心に火をつけたのか「お母と呼んでいいですか」

美輪さんのナレーションによれば「蓮子はこの時、ある大きな決断をした」との由。大きな決断をするのに、母の愛情の支えがどうしても必要だったんでしょう。

同時に、かつてはなが奉公に行くと決めた前晩、朝市君に連れられて教会の図書室に侵入。人生の大きな曲がり角で、憧れていたことを思い存分にする「儀式」をしましたが、蓮子が甲府に来たのも、憧れていたことを思い存分にする「儀式」のためだったのかも知れません。

はなの「儀式」は読書。そして蓮様の「儀式」は家族愛。

話しが前後しますが、地主の徳丸親子がやって来て我が屋敷に泊まれ、こんなあばら屋に泊まるなとちょっかい出して来たのを、蓮様が撃退。

「わからない方たちね、私は今夜ここへ泊まりたいんです、皆様と枕をならべて眠ることを楽しみにしているのです、邪魔しないでください」

昨夏に流行った「倍返し」よりすっきりしました。

追記:ふじお母ちゃんと蓮様の場面直前、蓮様がひとり見上げる夜空に浮かぶ月が美しい。いいお月様を見せてもらいました。

<<前回34話 | 次回36話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 35話 蓮子、甲府のはなの実家へ”

  1. miki より:

    いつも楽しくページを拝見しています。ありがとうございます。

    今日の蓮さま、素敵でしたね。
    まさに「いい気分じゃんね!!」
    でした。

    蓮さま、ずっと誰にも甘えられずに、がんばってきたのでしょうね。
    ふじおかあの「大丈夫、大丈夫」に涙がでました。

    これからも、放送も、こちらのページの更新も楽しみにしています。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      ふじお母ちゃんの蓮様、『花子とアン』の忘れられない名場面の一つになること確定ですね。本当に美しい場面でした。
      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ