花子とアン 38話 蓮子の結婚披露宴

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月13日(火)放送
第7週 第38話 「さらば修和女学校」

『花子とアン』第7週 第38回「さらば修和女学校」
 あらすじ、ネタバレ

修和女学校の寄宿舎に戻って来た蓮子のもとに駆けつけたはなは、心から誰かを愛したいという夢を諦めないでほしいと蓮子に訴えます。しかし、自分の望んだこの結婚で自分はようやく自由になれると心にもないことを言う蓮子。

蓮子が夢を諦めてしまうのが嫌だ、今ならまだ引き返せると食い下がるはなに蓮子も心を動かされます。しかし、子供じみた友情ごっこは終わり、自分とはなとでは住む世界が違い過ぎるとはなを突き放し、蓮子は女学校を去って行きました。

そして迎えた結婚式の日。式場にはなの姿はありませんでした。それぞれ離れた場所で、ともに過ごした夢のような時間を思い出しながらお互いを思って涙を流すはなと蓮子。式に臨む蓮子はついに本当の気持ちを口にします。「ごめんね、はなちゃん」

東京での結婚式は200名あまりの客を招いて盛大に催されました。その後、福岡で地元の親類縁者などを招いた祝宴が三日三晩続きます。これまで見た事もないどんちゃん騒ぎに、蓮子は言葉を失ってしまうのでした。


『花子とアン』第7週 第38回 「さらば修和女学校」
 感想

本当は自分の望みではない結婚。兄にお金で売られたと思っている結婚。蓮様の本心はそんなところにあるのでしょうから、もしそれを自分で口に出したら自分が崩れてしまう、そんな気がしているのでしょうか。

自分が崩れてしまう懸念以上に、結婚の真相を知らせることではなをいたずらに悲しませたくないという気遣いもあるのでしょう。だからはなを守るために、頑ななまでに嘘の言葉で固め、ついにはなを突き放す蓮様。

いくらはなを守るためとは言え苦しかった筈。その苦しい思いが挙式直前に「キラキラした時間」を思い出した蓮様が思わず口にした言葉「ごめんね、はなちゃん」にぎゅっと詰まっているような気がします。

「かけがえのない親友を得た喜びと失う悲しみがどんなに大きいか」

はなと蓮様、それぞれ異なる場所にいながらも思い出すのは同じ「キラキラした時間」。そしてお互いの存在。この回想場面の切なさは、僕の貧しいボキャブラリーでは表現出来ません。

結婚式当日、控え室で茂木先生と亜矢子さんたちを迎えた蓮様。視線の微妙な動きではなの姿を探し求めているのもたまりません。かなしい回でした。

そして、福岡での祝宴。これまでの「キラキラした時間」とは真逆の膨大な時間が蓮様を待ち受けていると思うと、見ていて気が重い38話でした。

<<前回37話 | 次回39話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

3 Responses to “花子とアン 38話 蓮子の結婚披露宴”

  1. 祥子 より:

    感想を拝読しました。
    お見事な深読みでしたね。
    場面の最後に、蓮子は、はなを突き放すような言葉を残します。はなは涙ボロボロです。でも、そんなことで友情は壊れない。

    現代なら、どうなのかなぁ。今の子供たちは傷つきやすいし、傷つくことに敏感です。なのに、いじりやいじめがある。

    はなの青春時代とはかなり違うのでしょうか。

  2. 祥子 より:

    はなは話ぶりは直球ですね。蓮子に迫っていましが、蓮子の弁解を信じはしません。最後は、蓮子も困って、はなの気持ちをそらすように、心にもない言葉で嘘をついて。
    人間って心を伝えるのが難しい。行動が言葉と裏腹になることもあるし、心にもない嘘をつく。
    蓮子も、もう少しはなに解るように事情を説明してもいいのに…。
    でも、きっと後に解り合えるのでしょうね。腹心の友でいるわけだから。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      はなはまだまだ若く、蓮様はちょっとだけ大人。そのギャップが解り合えない会話になったのかもですね。お互い年齢が近ければ、直球勝負をし合うか、遠回しの言い方で腹の探り合いをするか、同じ土俵で戦えたかも知れません。切ない回でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ