花子とアン 40話 かよが製糸工場から逃亡

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月15日(木)放送
第7週 第40話 「さらば修和女学校」

『花子とアン』第7週 第40回「さらば修和女学校」

ある日、妹のかよが製糸工場から逃亡し顔色も頗る悪く痩せ細った姿ではなの前に姿を現しました。醍醐の部屋で保護されたかよは、女工の友達が重い病気になって働けなくなるのを見て、辛抱の糸が切れてしまったとはなに語りました。

甲府に帰っても借金が残っているから工場に戻されてしまう、このまま東京で働きたいというかよの希望を聞いて、はなもかよと一緒に東京で働こうと決心を固め、就職活動を開始。かつてアルバイトをした出版社を訪問しました。

その頃、かよの失踪の報せに大騒ぎになっていた安東家ですが、かよは無事であるという茂木からの電報が届いて家族はひと安心。ふじはかよを東京まで迎えに行くべく徳丸に汽車賃を貸して欲しいと頭を下げに行きます。

ふじが一人で初めて東京にやって来ました。東京で働くというはなの決心を聞いて甲府に帰ってほしいという本当の気持ちを言いそびれるふじ。その頃、福岡の嘉納家では伝助と冬子の食事マナーや言葉遣いを正そうと蓮子が孤軍奮闘していました。


『花子とアン』第7週 第40回 「さらば修和女学校」感想

朝5時から夜8時まで機械の前で立ちっぱなしの過酷な労働環境の工場からかよちゃん逃亡。友達のさっちゃんが病気になり働けなくなって田舎へ、かよちゃんもついに辛抱の糸が切れました。死んでも戻りたくないなんてどれほど辛かったのか。

醍醐の部屋で恐らく生まれてはじめてのフカフカの布団で眠るかよちゃん。寄宿舎の食事、醍醐が持ってきたサンドイッチ。疲れ切ったかよちゃん、これまで一転、天国みたいな環境で少しは疲れが癒されたでしょうか。

でも借金が残っていることが気がかりなかよちゃん。一方、甲府では地主の徳丸さんがふじお母ちゃんに汽車賃を貸し、借金も立て替えてくれる気前の良さ。子を思う親の気持ちは同じだと、カッコいい発言。

更に、亭主の甲斐性がないのを詰り、白状な亭主とは別れたほうがいい。そこまで言うかと思っていたら、「わしが面倒見てやっても・・・」なるほど、徳丸さんは幼馴染みのふじさんが、もしかすると初恋の人なのかも知れません。

東京で働きたいというかよちゃんのたっての希望で、お姉やんも東京で働く決意を固めるやすぐに就職活動。出版社では「翻訳も出来る優秀な小間使い」として梶原編集長が上役に掛け合ってくれることに。梶原さん、決断が早いですね。この先、独立するだけのことはあります。

さて、東京に着いたふじお母ちゃんはかよちゃんと再会。工場には戻りたくない、もう貧乏は嫌だ、東京で働きたいとかよちゃん。これまでの娘の苦労を思ったら、ふじお母ちゃんもかよちゃんの希望にはNOとは言えないのでしょう。

でも、はなは卒業したら「甲府に帰ってくるだよ」と、ふじお母ちゃんの心からの願いがポロッと口から出てしまうものの、まさにそのタイミングではなが戻り「おら、東京で働きてえ」

はなの希望にも駄目だと言えない優し過ぎるふじお母ちゃん、「いいに決まってるじゃんけ、はなの好きにしろし」娘を想う母の諦めに胸が締め付けられる思いです。

<<前回39話 | 次回41話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “花子とアン 40話 かよが製糸工場から逃亡”

  1. 祥子 より:

    かよの苦しそうな様子、痛々しかったです。姉と妹とでなぜこんなにまで境遇が違うのでしょうか。この時代、百姓の小作は、働けども働けども、食べるに苦しいくらい貧乏だと思いますが。
    人間の一生って、スタートラインで決まるんじゃないですか?誕生、学校、職業、結婚。あまりに差のありすぎる、まさに貧困は人を貧しくする。いいことは何にもないと思うんですが。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      はながもし修和女学校に編入する前のタイミングで奉公に出ていれば(女の子はいらないと拒絶されていなければ)もしかするとかよちゃんと同じような人生を歩んだのかも知れません。
      当時としては奇蹟と言っても過言ではないほどの人生をはなは歩んだので、そんな奇蹟の人と普通の人生を歩んだかよちゃんの格差は見ていて胸が痛くなります。

  2. みーたん より:

    あのー
    ちょっと修正を加えて欲しいところがあります

    誤 女工仲間の一人が思い病気になったのを目の当たりにし

    正 女工仲間の一人が重い病気になったのを目の当たりにし

    • hublog より:

      誤変換のご指摘ありがとうございました。
      早速、該当箇所を訂正させて頂きました。
      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ