花子とアン 42話 はな、修和女学校を卒業

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月17日(土)放送
第7週 第42話 「さらば修和女学校」

『花子とアン』第7週 第42回「さらば修和女学校」

大正2年3月、卒業を目前に控えたはなは朝市の計らいで母校の尋常小学校の代用教員の職を得ることが出来ました。そしてはなは、採用を辞退した出版社に、婚約を破棄した醍醐を紹介。醍醐は出版社に就職することが出来ました。

そんな中、卒業式でブラックバーン校長のスピーチの通訳をやってみないかと富山から尋ねられるはな。一方のかよは、女学校の西洋人の教師たちの服を縫う洋服店に職を得ることができました。

卒業式当日、卒業生たちの将来が最上のものとなるよう願いを込めたブラックバーン校長のスピーチを、はなはよどみなく通訳。富山は完璧な通訳だったと絶賛し、校長からもあなたを誇りに思うと言葉を贈られるはな。

廊下に出るとはなは白鳥に呼び止められます。出身地が山梨の勝沼だとはじめて明かす白鳥は「甲府帰ってもこぴっとやれし」と号泣しながらはなを祝福。万感の思いを込めて思い出の詰まった学び舎を見つめたはなは、女学校に別れを告げるのでした。


『花子とアン』第7週 第42回 「さらば修和女学校」
 感想

サブタイトル「さらば修和女学校」にある通り、はなは今週第7週をもって修和女学校を卒業。ブラックバーン校長先生はじめ、富山先生、茂木先生、そして白鳥かをる子様とも今日でお別れです。

7週のうち6週を占めただけに、修和女学校関係者の皆さんにもう会えないと思うと寂しい限りです。でも、最後の最後まで修和女学校関係者の皆さん、「自分らしさ」を失わず、大いに楽しませもらえました。

ブラックバーン校長先生の威厳と慈愛に満ちた眼差し。スピーチの第一声「My girls!」は「Go to bed!」と同じくらいのど迫力でしたが、卒業式を終えた後の「あなたを誇りに思う」とはなに語りかけた時の眼差しが美しい。

卒業生たちが、女学校時代が一番幸せだったと感じるなら私の教育は失敗。人生は進歩、若い時代は準備、最上のものは将来にあると、あくまで前に眼を向けさせるスピーチ、何かの機会にそのまま使いたいほど深いものでした。

富山先生、はなにブラックバーン校長の通訳を勧めると、級友たちが「有終の美を飾れる」と大はしゃぎ。でも富山先生は「有終の美を飾れるとは限らない」とグサッとひと突き。相変わらずの富山先生、でも最後に完璧な通訳だったと無条件ではなを誉め称えることを忘れませんでした。

茂木先生の言葉も最後まで深く優しい。「有終の美を飾れるとは限らない」の一言で場がちょっとだけ冷えたのを察し、「富山先生からはなさんへの餞別」と富山先生を立てつつ、はなや級友たちを安心させる心配りが素晴らしい。

そして白鳥かをる子様。今回は冒頭から白鳥かをる子様モード全開でしたが、最後の最後にまさかのオチが用意してありました。「私、ずっと黙っておおりましが、山梨の勝沼の出身です」

はなの方言を聞いて「てっ!て思った」とか、旅立つはなに「甲府帰ってもこぴっとやれし」とか。白鳥かをる子様がはなの方言に猛烈に反応していたのには、こんな秘密が隠されていたんですね。

白鳥かをる子様、今回でお目にかかれなくなるなんて寂し過ぎます。またどこかでひょっこり登場してほしいものです。

<<前回41話 | 次回43話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “花子とアン 42話 はな、修和女学校を卒業”

  1. 祥子 より:

    白鳥様のまさかの山梨出身に唖然としました。最後の場面作りのためですかね。
    醍醐様のは、あとではなが出版社に勤める彼女と再会とあったので、どうして彼女が出版社に?と思っていました。

    はなが高等科まで、女学校を優秀な成績で、無事に卒業できたのは、奇跡と努力の賜物です。でも、何よりもまずは健康! 病気もせずに来れたなんて、もとが丈夫なたちだったのでしょうか。
    体が弱ければ、どうにもできないですもんね。

    はなが帰って来ることとなり、喜ぶおかあの隣で、ももがにやにや。ももは大きくなりましたね。回りを見る目を持ち合わせ、なかなか鋭いようです。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      幼少の頃大病した人でその後長生きする人がいますが、はなもそんな一人なのかも知れませんね。修和女学校編入直前に辞世の歌を詠むほどの大病をしましたが、その後は至って元気。卒業までの間に体調の異変といえば葡萄を絞ったお薬で二日酔いになったことくらいでしょうか。

  2. えびすこ より:

    醍醐さんのまさかの破局宣言と、白鳥さんの同郷告白に驚きました。
    来週は花子が代用教員になるようですが、展開が「おひさま」と似てきましたね。
    24日に「土曜スタジオパーク」の山梨での公開生放送があります。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      同郷告白、白鳥かをる子様は最後まで楽しませてくれましたね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ