花子とアン 43話 はな阿母尋常小学校に着任

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月19日(月)放送
第8週 第43話 「想像のツバサ?」

『花子とアン』第8週 第43回「想像のツバサ?」

大正2年4月、東京から甲府に戻り尋常小学校の代用教員を務めることになったはなは、家族に見送られ教師になるという夢を叶えた朝市とともに緊張しながら二人の母校の小学校に初出勤します。

はなのかつての担任だった本多は今では校長となり、着任早々のはなを先輩教師たちに紹介。しかし英語が上手なはなは、先輩教師の一人緑川から、西洋かぶれに担任を任せてしまっていいのかと嫌味で迎えられます。

6年生の担任となったはなは、教室で生徒たちに「ごきげんよう」と挨拶し子供たちは大笑い。また、たえという生徒が書いた空想の作文がもとで教室内は大騒ぎに。はなは思わず「Be quiet!」と英語で注意してしまいます。

それでも騒ぎが収まらないはなの教室。一計を案じたはなは校外学習をすることに。しかし生徒を外に連れ出したことを緑川は問題視。生徒たちは大喜びするものの、報告を受けた本多校長は激怒し、はなと朝市を廊下に立たせるのでした。


『花子とアン』第8週 第43回 「想像のツバサ?」感想

昭和20年、過去を回想する50歳代の花子の場面からスタート。これまで夜中の翻訳作業で過去を回想していましたが、今回はじめて昼間の翻訳作業で過去を回想。少女時代や学生時代より記憶が明瞭なことを暗示しているんでしょうか。

『赤毛のアン』の翻訳個所「いい先生になろうと思っている」に対して花子の独白「いい先生にはなれなかったが最高のものが戻って来た」。そして生徒たちと撮影した記念写真の映像、これは小学校の卒業式の写真でしょうか。

「最高のものが戻って来た」ということですが、小学校の教員としてどんな思い出が出来るのか。はなの新しい生活がはじまりました。

ネタバレ記事をつくっていて、はなに嫌味たらたらの緑川という先輩教師のことが心配でした。どんな嫌味なおっさんが登場してくるのかと。でも、口にする嫌味な言葉とは反対にお茶目なおじさんでした。方言も嫌味をマイルドにしてくれています。

加えて今週の演出の方、役者さんたちの生き生きした表情を引き出すが巧みな方のようです。緑川先生も、方言に加えて豊かな表情が口に出す嫌味の数々を緩和。というか緑川先生を面白おかしく見せることに成功しています。

生徒たちの表情も見ていて楽しいことこの上ありません。はなの尋常小学校時代の生徒たちより、今週登場の生徒たちのほうが悪ガキは悪ガキらしく、普通の子も普通に、みんな元気いっぱいでいい顔してます。たえちゃんも可愛らしい。

はなと朝市が校長先生に叱られて廊下に立たされる場面。廊下の角から立たされた二人の先生を覗き見する嬉しくてたまらなそうな顔、顔、顔。どの顔もいい顔ばかり、それが縦にキレイに並んで面白い絵になりました。

先週までの女学校時代と比べてわずかな期間しかない小学校教員時代ですが、50歳代の花子の大切な思い出のひとつは、明るく賑やかな場面が満喫できそうで楽しみです。

<<前回42話 | 次回44話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “花子とアン 43話 はな阿母尋常小学校に着任”

  1. えびすこ より:

    「代用教員」とは現在では存在しない制度だと思いますが、明治・大正の頃はけっこう若い先生がいたんでしょうか?
    花子と朝市の小学生時代から十何年経ちました。でも先生が廊下に立たされていては…。
    校長役のマキタスポーツさんは最近いろんなドラマに出ています。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      さて「代用教員」ですが、尋常小学校の本科正教員を補助する教員が准教員。その准教員を代用する無資格者を准訓導心得(代用教員)といったそうです。戦前の制度ですが戦後もしばらく続いていたそうです。教師不足を解決する手立てだったようです。

  2. りつ より:

    初めて投稿いたします。前作「ごちそうさん」より毎日楽しみに、ブログ拝見しております!ありがとうございます。
    今日、仕事帰りに足を延ばし、ご紹介くださいました東洋英和女学院「村岡花子と〜」展、見て参りました。
    もう遅い時間でしたので、鳥居坂は人影もなく…あの辺りは本当に雰囲気がありますね。
    小さな展示スペースでしたが、たくさんの写真や記事、直筆のハガキや原稿用紙…興味深く見て参りました。明日からのドラマがまた楽しみになりました。
    ありがとうございました。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      早速、東洋英和に足を運ばれたんですか!おっしゃる通り麻布十番界隈は本当にしっとりした風情のある街ですね。はなが東洋英和に在籍していた当時はもっと素敵なところだったんでしょう。
      ところで21日からは日本橋三越本店でも「モンゴメリと花子の赤毛のアン展」が開催されるそうです。朝ドラも大人気なので大勢の人があつまるのではないでしょうか。
      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ