花子とアン 44話 想像力が豊かな生徒・たえ

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月20日(火)放送
第8週 第44話 「想像のツバサ?」

『花子とアン』第8週 第44回「想像のツバサ?」

校外授業を校長に咎められ教師でありながら初日から廊下に立たされたはな。リンにこの話しを家族に話されてしまった上に、はなは教師に向いてないとまで言われ、はなはすっかり落ち込んでしまいます。

翌朝、迎えにやって来た朝市の励ましで元気を取り戻すことが出来たはな。生徒たちは昨日みたいに外に行きたいと大騒ぎをはじめましたが、はなは女学校の富山や白鳥になりきって厳しく授業をすすめます。

そんな中、家が貧しく弁当を持って来れないたえが、窓の外に浮かぶ雲を見上げながら口をモグモグさせるたえ。たえを馬鹿にする生徒たちに、はなは想像の翼を広げれば雲のご飯も食べることが出来るとたえを擁護します。

その日の放課後、想像の翼があるなら屋根の上も恐くないはずだと焚き付けられ、たえは校舎の屋根の上に上ってしまいます。生徒たちを静めるためにたえの代わりに屋根に上ったはなは歩き出すと転落、辛くも朝市に受け止められるのでした。


『花子とアン』第8週 第44回 「想像のツバサ?」
 感想

朝市君は寡黙で心優しい性格なのにその母親のリンさんはなんであんなにおしゃべりな上に、人の気に障ることばかり言えるのか不思議です。朝市君は亡くなった父親似なのか、母親を反面教師としてこれまで来たのか。

リンさんがはなに「教師にまるっきし向いてなくてもやるしかねえづら」これはちょっと言い過ぎでは?とびっくり。一方の朝市君、初日であれだけ生徒と仲良くなれたのはすごいことと、誰も指摘しなかったはなの仕事の「成果」を賞賛。

はなに想いを寄せながら、その想いは実を結ばないであろう朝市君ですが、将来幸福をつかんでほしいものです。ある日突然、何かの拍子に母親そっくりになったりしませんように。

朝市君の絶妙なフォローで気を取り直すことが出来たはな。富山先生や白鳥かをる子様にしごかれた経験がこんなところで役に立つとは。回想場面で見る富山先生、白鳥様。今にして思えばこの二人のしごきも懐かしい思い出です。

今は校長先生や緑川先生のしごきに耐えるはなですが、このお二人のしごきもいつかどこかで、難局を乗り切るために役立つ貴重な体験になるんでしょうか。学級崩壊状態の生徒たちのしごきも、いつか懐かしい思い出になるのでしょう。

緑川先生といえば、たえちゃんが屋根に上って生徒たちが騒然としているところに登場。たえちゃんの代わりに屋根に上ったはなですが、緑川先生、見ているだけではなが屋根に上るのを止めようとしない・・・何故?朝市君は制止してましたが。

緑川先生、転落の現場も見ていたはずですが、翌朝出勤してきたはなを心配する素振りも見せず。心配するような言葉をかけたものの続けざまに皮肉をちくり。常人の理解をちょっとばかり超えた緑川先生、富山先生のように過去にトラウマを抱えているのでしょうか。

今回は、瑣末なことが妙に気になりました。

<<前回43話 | 次回45話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 44話 想像力が豊かな生徒・たえ”

  1. 祥子 より:

    こんばんは。

    感想を拝読して、私も幾つか同じようなことにつっかかりました。

    常識的な朝市くんの母親が、家族でもないのに、安東家のことにずけずけと口を挟む。いくら隣人だとはいえ、失礼な振る舞い。

    緑川先生も、自分が出来ないことをはなは出来ることへのやっかみ。
    人にひどいことを言われれば、忘れられないものです。言ったほうは、忘れてしまっていても。

    それを乗り越えて、人生の栄養にしてしまえたら、そもそも相当できた人間。
    はなは、その部類でしょうかね。苦労を苦労といとわないなんて、すごい!

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      修和女学校時代の残念な人たちは善意の表現方法が下手だったという一面がありましたが、リンさんと緑川先生はその点、微妙ですね。緑川先生はともかく、リンさんは今後も長く登場するでしょうから「成長」して欲しいものですね。見ていてつらいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ