花子とアン 45話 たえがはなの家で本に夢中

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月21日(水)放送
第8週 第45話 「想像のツバサ?」

『花子とアン』第8週 第45回「想像のツバサ?」

教師になって一ヶ月ほど経ったある日、たえは親戚の家に引き取られることになり、もう小学校に通えなくなると本多校長から聞かされるはな。夕方、家に帰ると、たえが家の前ではなの帰りを待っていました。

心配するはなに、たえは自分には「想像の翼」があるから大丈夫と強がります。そんなたえに夕食を振る舞うふじ。はなの家族たちと一緒に夕食を食べるたえは『親指姫』の絵本に眼が釘付けになります。

その夜、はなたえを教会の図書室へ連れて行き、思う存分本を読ませてあげます。そして即興でつくった物語をたえに聞かさせているところに、血相を変えてたえを探しまわっている朝市が飛び込んできました。

翌日、本多校長から教師に不向きだと言われてしまうはな。教師は子供の人生を預かる責任の重い仕事、それだけの覚悟があるのかと朝市からも問われ、朝市の言う通りかもしれないと考え込んでしまうはなでした。


『花子とアン』第8週 第45回 「想像のツバサ?」感想

今回、はなの教師としての資質の限界が自他ともに明らかになりつつ、一方ではなのライフワークへの入り口が見えました。大仰な演出はまったくないのですが、はなの人生の転換点の伏線として重要な回ですね。

本多校長や緑川先生の「お前は教師に向いていない」とか「こぴっと責任とれし」といった言葉は、はなの起こした騒ぎに反応しているだけで、はなの教師としての資質にまで踏み込んでいるわけではありません。

一方で、なにかとはなをかばってくれる朝市君ですが、はなを深く理解しているだけに、厳しいことを言う時は本多校長や緑川先生よりも厳しい。

「教師ってのは子供の人生預かる責任の思い仕事だ、はなにその責任があるのか?本当はこんな田舎の教師になりたくなかったと思っているのではないか」

本多校長の上から目線の教師失格発言や、口だけ番長の緑川先生の発言と異なり、はなの理解に努めた上での、はなの限界への指摘は鋭く思いものがあります。はなも、これはかなりこたえたのではないでしょうか。

朝市君が教師になったのが、それが長年の夢で苦学した末につかんだ仕事。はなも苦学はしたものの、その苦学は教師を目指してのものではありませんでした。そもそも教師になったのも、帰郷のタイミングでたまたま代用教員の口があったから。

はなが「こんな田舎の教師になりたくなかったと思っている」のかどうかは定かではありませんが、教師になる動機もないまま、ただ働き口としか認識していそうなはなにはちょっと重た過ぎる職業なのかも知れません。

「子供も大人もワクワクする本をつくる」という夢。これがはな=花子のライフワークですが、夢に向かって一途に行動する花子が活躍する日を一日も早く見たいものです。不得手な仕事をしている人を見るのはなんとも心苦しいものです。

<<前回44話 | 次回46話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “花子とアン 45話 たえがはなの家で本に夢中”

  1. hublog より:

    コメントありがとうございます。
    複雑な人間関係・家族関係を巧みに読み解くご高察、すごいですね。僕にはとうてい出来ない技です。

  2. えびすこ より:

    もしかすると、朝市とももが花子とアンの原作者の村岡恵理さんの血縁上の祖父母(のモデル)では、と思っています。実際の祖父母は別の人で個人的な推測になりますが、朝市と花子の関係(夫婦にはならない)を考慮すると、後々身内になるのかなと思います。ちなみに「葉山伯爵夫人」役の村岡希美さんは村岡花子の夫の兄弟の孫で、村岡恵理さんとは「義理のはとこ」となります。

  3. 祥子 より:

    はなに厳しいことを言いながらも、校長先生に、はなのことを親身に話す朝市くん。はなをよく理解しているのだと感じました。

    朝市くんが、はなの生涯の伴侶にならないのは、やは恋、恋愛は別物だからでしょうか。ちょっと残念でもあり、はなが村岡とどんな恋愛をするのかに、興味もありますね。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      朝市くんのような好青年、いつか素敵な伴侶と巡り合ってほしいものですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ