花子とアン 47話 はな『みみずの女王』入選

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月23日(金)放送
第8週 第47話 「想像のツバサ?」

『花子とアン』第8週 第47回「想像のツバサ?」

夏休みが近づいた7月のある日、はなが書いた童話『みみずの女王』が児童文学の賞を受賞したことがわりました。家族や朝市たちも大喜びし、はなを祝福しますが作者名が「花子」でなく「はな」と印刷されていることがはなは腑に落ちません。

一方で、吉太郎は徴兵検査で甲種合格。冬には入営できることになり喜ぶ吉太郎でしたが、ふじは複雑な思いで吉太郎を見つめます。前途の開けた吉太郎でしたが、その頃もまだ蓮子のことを忘れられずにいます。

その頃、蓮子は児童文学誌の中にはなの名前を見つけていました。はなの童話を夢中になって読んだ蓮子ははなに手紙を書くものの、かつてのはなへの仕打ちを思い出し結局書いた手紙は破り捨ててしまうのでした。

はなは受賞者祝賀会に出席するため久しぶりに東京へ。会場で村岡と再会したはなは早速、村岡印刷による名前の誤植を詰ります。心当たりのない村岡でしたが、一方的に責め立ててくるはなと口喧嘩をはじめてしまいました。


『花子とアン』第8週 第47回 「想像のツバサ?」
 感想

はなの受賞で蓮様の明るい表情を久しぶりに見ました。伝助と結婚することをはなから責め立てられ、はなを突き放すような言葉を口にしてしまったことを今でも悔やんでいる蓮様。はなに手紙を出せなかったのは残念。

その蓮様のことをいまだに忘れられない吉太郎くん。初恋に破れたその痛手はかなり大きいみたいです。わずか一日二日一緒にいただけなのに、そんなに思い詰めるなんて吉太郎くん純情過ぎます。お父が相手だと一瞬にして豹変してしまいますが。

さて、はなは久しぶりに東京へ。村岡さんと再会。一方的に村岡さんを責め立てるはな。かたや村岡さんは心当たりがまるでないので、はなのクレームなど眼中になく、はなの小説の出来映えの素晴らしさを伝えたい。

この食い違いが絶妙に面白い二人の会話が、はなが故意に言った「村岡印刷さん」で途端に険悪に。温厚な村岡さんも腹に据えかねたのか「嫌みな性格ですね」。このすれ違う二人が物語の真ん中に入って来る日が楽しみです。

ところで、『花子とアン』の原案となった村岡恵理著『アンのゆりかご – 村岡花子の生涯』を久しぶりにはじめから読み返してみたのですが、実在の村岡花子さんは女学校卒業後は一年間女学校で西洋人の宣教師対象の日本語の先生に。

その後、山梨では、尋常小学校の先生ではなく、母校・東洋英和の山梨校で英語の先生に。生徒は山梨の村々の商家、豪農、名士のご令嬢。学級崩壊するような環境ではなかったようです。

学校の先生をしながら小説が雑誌に掲載されたのは原案に同じです。ただし投稿した雑誌は少女向け文芸誌『少女画報』。生徒の一人がその雑誌に掲載されているのを発見。女の子が喜ぶような内容のお話しだったようです。

<<前回46話 | 次回48話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ