花子とアン48話 はな、入選者懇親会で東京へ

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月24日(土)放送
第8週 第48話 「想像のツバサ?」

『花子とアン』第8週 第48回「想像のツバサ?」
 あらすじ、ネタバレ

東京で児童文学賞の受賞祝賀会が行われ、はなは久しぶりに東京にやって来ました。会場で再開した醍醐やかよからは東京で小説家を目指すよう言われるものの、梶原からは小説家になるには普通過ぎるので諦めたほうがいいときっぱり言われてしまいます。

受賞者の挨拶に立ったはなは、一回きりの賞をいい思い出にして甲府に帰って教師を続けたいと宣言。一日も早く売れっ子作家になるので仕事がほしいと作家の道を志すことを示したもう一人の受賞者とは対照的な挨拶になりました。

祝賀会が終わり原稿の「花子」を「はな」に変えたのは醍醐でした。「はな」のほうが女学校の先生や卒業生が分かりやいという醍醐なりの気遣いだったのです。真相を知って村岡に謝罪しようとするはなでしたが、村岡はもう会場を去った後でした。

村岡のことを気に病むはなでしたが、会場に帽子を忘れた村岡が戻りようやく謝罪。「花子という名は私の夢」とはなから聞かされた村岡は、あなたは普通ではないと断言出来ると励まします。しかし励ましのつもりが、はなを怒らせてしまうのでした。


『花子とアン』第8週 第48回 「想像のツバサ?」
 感想

前回に引き続き村岡さんの間の悪さが際立つ48話。仲直りの乾杯にしようと持って来たのはよりによって葡萄酒。女学校の寄宿舎で葡萄酒を飲んで退学になりかけた痛い過去を暴露してしまう醍醐さんも相変わらずおおらかなおしゃべり。

一方で梶原編集長はずいぶんはっきりと物を言う人。「君が小説家になるには普通過ぎる」までは許せるとしても「諦めた方がいい」とまで言うとは。でも、下手に期待を持たせるような中途半端な励ましで相手の人生を潰すよりはマシかもです。

梶原編集長の「普通過ぎる」発言を受けて村岡さんがまた間の悪さと天然ボケを炸裂させてくれました。梶原編集長の強烈発言で凹んだはなの心を励ましたい村岡さんの気持ちはとてもよく分かりますが「あなたは断じて普通ではない」。

あなたのような変人にだけは言われたくないとはなに反駁されてもなお「変な自分を大切にして下さい」と畳み掛けるように言う村岡さん、あなたはどれだけ変人?

そんな村岡さんですが、たま〜にいいこと言ってくれますね。村岡さんから何故それほどまでに「花子」の名前にこだわるのかと問われたはな、「花子」とうい名は私の夢だと答えます。

子供も大人も楽しめる本をつくることがはなの夢ですが、この夢を叶えた自分が「花子」、そういうことなんでしょう。勿論、子供の頃はそこまで思っていなかったかもですが、今は夢を叶えた理想の自分、それが「花子」。

そう説明したはなに、村岡さんは「あなたは花子になるべきです」。言い換えれば、あなたは夢を叶えるべきです、夢に生きるべきです。うまいこと言いますね、村岡さん。普段が天然ボケだけに時折出て来る言葉がやけに光って見えます。

さて、はなはまだ「花子」すなわち夢への第一歩を踏み出したとまでは言えない生き方をしていますが、「花子」になるために困難に挑み続けるはなの活躍を見ることが出来るのはもう間もなくです。

参考までにはなの夢である「子供も大人も楽しめる本をつくること」とは、原案となった著書によれば、子供と大人が安心して一緒に読める本のことを指すようです。当時はそういった本が、欧米と比較して日本には極めて少なかったようです。

そしてその夢が、花子翻訳『赤毛のアン』で結実します。

<<前回47話 | 次回49話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “花子とアン48話 はな、入選者懇親会で東京へ”

  1. 祥子 より:

    花子の授賞式での、村岡のはなを見る暖かなまなざし、何か今後の展開を予想させます。楽しみです。

    山梨での公開生放送?NHK番組にありました。
    はなと朝市と一緒に出演、収録の裏話、お互いのこと、どんな俳優さんなのかなど、とても面白かったです。特に、おとうとおかあのお二人が印象的。
    やはり、いい脚本と、それを演じる素敵な俳優さんたちで、優れた作品は作られていくのですね。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      6月末までの事前発表のあらすじをまとめたのですが、はなと村岡さんの関係、はじめの頃はこじれにこじれるみたいです。今までの『花子とアン』とは別の物語かと思ってしまうほどのこじれっぷりです。

  2. えびすこ より:

    8週目は花子の郷里での教師としての日々の様子が中心でしたね。「おひさま」の時を思い出しました。9週目は久しぶり父・吉平が家に戻りますが一波乱ありそうですね。先日、「赤毛のアン」の作者モンゴメリの孫娘さんが花子とアンの収録を見学しました。
    花子と同じく代用教員である朝市はどうなるのかな?
    この後の花子とアンの公開生放送は見られますか?去年にはあまちゃんの公開生放送がありました。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      公開生放送の情報は未入手ですが、LINEの『花子とアン』公式アカウントで『花子とアン』関連情報を逐一送られてくるので、情報が入り次第当ブログでもお知らせしようと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ