花子とアン 51話 吉平が甲府にもどった理由

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月28日(水)放送
第9週 第51話 「はな、お見合いする」

『花子とアン』第9週 第51回「はな、お見合いする」

真夜中、はなが目を覚ますと吉平がひとり縁側に座っていることに気がつきました。吉太郎からこの家に父親は必要ないとまで言われ落ち込む吉平に、はなはこの家のことを大急ぎで勉強するように勧め慰めます。

4年もどこで何をしていたというはなの問いかけに、吉平は社会主義運動の中心人物逮捕で我が身の危険を感じ、家族に迷惑がかからないように身を隠していたいたものの自分は逮捕されるほどの大物ではないとやっと気づいたと語りました。

そこへふじも目を覚まして家から出て来ました。はなは気をきかせて両親を二人きりにします。吉平は土下座して涙ながらにふじに謝罪、ふじは吉平の謝罪を受け入れ「お帰りなさいと」と優しく声をかけるのでした。

その頃、伝助と冬子の素養を向上させようと加納家で孤軍奮闘を続ける蓮子は、加納邸に有名な演奏家を読んで弦楽演奏会を企画。しかし演奏会のマナーを無視する伝助の振る舞いに激怒する蓮子はますます孤独を深めていきました。


『花子とアン』第9週 第51回 「はな、お見合いする」感想

かよちゃんの話しを聞かされてショックを受けた吉平お父。それだけでも十分過ぎるほどショックだったと思いますが、吉太郎くんに「自分たちにはもう父親など必要ない」とまで言われてしまった吉平お父。

傷口に塩を塗込まれるようなダブルショックですっかり落ち込み「この家にお父は必要ねえ」

吉平お父「この家にお父は必要ねえ」というぼやきに続いて失踪していた4年間のことを語り始めましたが、自分は逮捕されたボスほどの大物でなかった、自分はそれほど必要とされていない小物だったと悟ったことでも落ち込んでいたのでしょう。

だから、吉太郎くんの「自分たちにはもう父親など必要ない」発言は吉平お父にとってはトリプルパンチだったのかも知れません。

自分はどこでも必要とされない、重用されない小物だと落胆する吉平お父の心の中をしっかりと察したふじお母の言葉「あんたが大物じゃなくてよかった、あんたが小物なおかげで無事に帰って来られた」で、吉平お父は救われたかと。

小物の自分を、と言うか小物だったからこそふじお母に受け入れてもらえたのですから。

はなの気遣いも心に沁みました。「お父はこの家のことを知らないから大急ぎで勉強してもらう、宿題だって出すよ」ちょっとだけ厳しく、しかし吉平お父を受け入れると遠回しに表現。

両親を二人きりにする配慮も粋でした。

<<前回50話 | 次回52話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ