花子とアン 52話 蓮子の兄・晶貴が金の無心

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月29日(木)放送
第9週 第52話 「はな、お見合いする」

『花子とアン』第9週 第52回「はな、お見合いする」

安東家は吉平が戻ったことで気まずい空気が流れていました。一方のはなは見合いの返事を引き延ばしたまま夏休みを迎えてしまいます。終業式を終えると本多校長からはなの教師の通信簿を渡されますが、成績はオール丙。自信喪失するはな。

その頃、福岡の嘉納家に蓮子の兄・兄・晶貴が突然やって来ました。伝助は中元だと言って晶貴に封筒を手渡します。蓮子がその封筒を奪い取って中身を確かめると、中には札束が入っていました。晶貴は事業で行き詰まり金の無心に来たのです。

伝助から「高い芸者」とまで言われ、金で売られた我が身を呪う蓮子は、伝助への当てつけでそれから頻繁に嘉納邸でサロンを開くようになります。そんな中、伝助の取材にやってきた東西日報の新聞記者・黒沢と蓮子は出会います。

一方、甲府の徳間家では兵役に就く吉太郎を盛大に祝う壮行会が開かれていました。兵役が終わったら職業軍人になりたいと言い出す吉太郎。突然の話しに吉平は激怒し、吉太郎との間の溝はますます深くなってしまうのでした。


『花子とアン』第9週 第52回 「はな、お見合いする」感想

小学校の生徒たちが久しぶりに登場しました。子供たちもはな先生の見合いの話しで持ち切り。ただ、結婚して先生を辞めてしまうことを案じる子供たち、一斉にラブコール「I love you !!」。実にまとまりのあるクラスです。

熱烈なラブコールを受けて、生徒たちにこれだけ慕われるなんて自分は教師に向いているかもと失敗続きだった日々のことはもう忘れて逆上せあがってしまうはな。逆上せてるといずれ痛い目に遭うぞと思っていたら早速痛烈な一撃がありました。

本多校長先生がはなのために特別につくった「先生の通信簿」。成績はオール丙、甲乙丙の丙。こぴっと勉強して立派な教師になれし。学級運営も慣れてきたはなが、天狗になるのを事前に察知したんでしょうか。

かなり手厳しい成績でしたが、手間ひまかけてわざわざ通信簿をつくってくれるあたり、厳しく無愛想な見た目とは裏腹に、はなの教師としての成長を真剣に願っているのでしょう。またそんな素振りを見せない偽善臭が一切ないところが魅力です。

蓮様の孤独。「高い芸者」とまで言われてしまって、金で買われた身の上であることを身に沁みて感じた蓮様。ついに心の中で何かが壊れ始めました。そして新聞記者の黒沢との出会い。これから起こる事件、詳しく調べてみようと思います。

そして、吉太郎君は兵役に。徳丸さんが村の人たちも集めて自邸で盛大な壮行会を開いてくれました。小作料をつり上げたりして初めのうちは嫌な側面も出て来ましたが一方で面倒見のいい人なんですね。

かよちゃんが工場から逃げ出して、借金の肩代わりをしてくれるわ、ふじお母の東京までの汽車賃を出してくれるわ。これらはふじお母が初恋の人でいまだに想いを寄せてるからここまでするのだとばかり思ってました。

でも、これは思い違いかも。村の名士として面倒見のいい人物のようです。見直しました。ただ、かなり頼りなげな武くん、彼はこの先一体どんな大人になるのか。彼がちょっと心配です。

<<前回51話 | 次回53話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ