花子とアン 53話 パルピテーションある結婚

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年5月30日(金)放送
第9週 第53話 「はな、お見合いする」

『花子とアン』第9週 第53回「はな、お見合いする」

吉太郎の職業軍人志願が気に入らず、吉太郎からその話しを聞いていたかと吉平はふじに尋ねます。吉太郎の軍人志望やはなの嫁入りに頭から反対するのは寂しいからではないかとふじは吉平に問いかけました。

それには応えず、吉平は旅の土産にとふじに櫛を渡そうとします。しかし、自分にはこれがあるから要らないと吉平に見せたのは二人が出会った時に吉平が贈った思い出の櫛でした。思い出の櫛はやっぱりふじに似合うと吉太郎。

両親の話しを聞いていたはなは、仲睦まじい両親を見て、自分が求めているのはパルピテーションのある結婚だと気がついたとふじに告げました。そして、自分にとってのパルピテーションは誰なのか想像のツバサを広げるはな。

そんなある日、教会の図書室で小説を書いているはなのもとに、見合いの返事がないことにしびれを切らした望月がやって来ました。はなが自分にパルピテーションを感じていないことを察した望月は、縁談を白紙に戻してしまうのでした。


『花子とアン』第9週 第53回 「はな、お見合いする」感想

「おら、やっとわかった気がする、おらもパルピテーションのある結婚がしてえ」

望月への返事を引き延ばし結論を出すことを迷いに迷っていた原因が、はなにはやっとわかったようです。「お父はお母のパルピテーションだよ」とはな。では一体自分のパルピテーションは誰と想像の中へ。

武でないことは判明。消去法でひとり減りました。そして、望月さまと朝市くんに続いて「なまけもの」と絵を持って登場の村岡印刷さん。はなも登場した当人も、なぜはなの想像の中に登場したのかわかっていないようでしたが・・・

再来週あたりから、わかっていないこのお二人の二転三転、そして四転のストーリーがはじまります。再登場の醍醐さまも交えての「三角形」、否、「四角形」の実にややこしい人間関係。どうぞお楽しみに。

はなが「パルピテーション」に気づくきっかけとなった、吉平お父とふじお母の仲睦まじい関係に心癒される思いがしましたが、この仲睦まじさがアダになって、お父・お母も来週は「三角形」の人間関係に悩まされることに。

これから少しづつ騒がしくなってくるようです。

<<前回52話 | 次回54話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 53話 パルピテーションある結婚”

  1. ※※義和 より:

    80歳の終期高齢者です。毎日の仕事を見つけ、一日一日を過ごしながら95歳を死期と定め頑張っています。NHKの朝ドラは私たち高齢者にとっては「希望の星」です。就寝時、眠りに誘い込まれれば朝になって目が覚めるだろうか、このまま目が覚めないのではないだろうか、などなどなかなか眠りにつけない夜が続きました。そんな時、孫娘から「おじいちゃん、あしたの朝ドラ見るんでしょ。早く寝なきゃ朝寝坊して見られないよ」と声をかけられ「ハッ」としました。今では友人にも、明日に希望が持てる「何か」を見つけ95歳に向けて「頑張ろう」と呼びかけています。健康である限り願いは叶えられます。健康に留意して毎日を楽しく過ごしています。NHKの朝ドラありがとう。バンザーイ!

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      どうぞいつまでもお元気で朝ドラを楽しんで下さい。
      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ