カーネーション 81話 水玉の新しい時代の生地を発見

連続テレビ小説(朝ドラ)『カーネーション』
本放送:2012年1月10日(火)放送
再放送:2014年7月8日(火)放送
第15週 第81話 「愛する力」
花言葉の花「ベニバナ」

『カーネーション』第15週 第81回
「愛する力」あらすじ

昭和21年(1946年)3月、戦時中休刊になっていた雑誌『婦人美粧』がついに復刊を果たしたその頃、いつものように闇市に生地さがしに行った糸子は、積まれた生地の中から眼の覚めるような水玉模様の生地を見つけました。

買って来たその生地を、家の中でひろげて感慨深げに眺める糸子とサエ。やっと洋服をつくれる時代が来たと感激する糸子。これを着たら自分が生まれ変わったような気がすると喜ぶサエのために、記念すべき戦後最初の洋服を糸子は縫いあげました。

出来上がった水玉模様のワンピースを見るや、一生のお願いと土下座をはじめる静子は、その日に復員する恋人をその服を着て迎えたいと懇願。水玉のワンピースを来た静子は恋人との再会を果たし、商店街の人たちから祝福を受けるのでした。

水玉模様のワンピースの製造が注文に追いつかないほどの大評判となった5月、静子は結婚しました。糸子が着るはずだった花嫁衣装を着た花嫁姿の静子を幸せになれと見送った祖母のハルは、そのひと月後の6月11日、静かに息を引き取りました。


『カーネーション』第15週 第81回
「愛する力」感想

戦時中は休刊となっていた雑誌の『婦人美粧』が復刊したり、糸子の言葉を借りれば「新しい時代の洋服の生地」が見つかったり、怒涛の勢いで世の中が明るさを取り戻してゆく様は見ていて気持ちの良いことこの上ありません。

とりわけ水玉模様の「新しい時代の洋服の生地」を見た時のサエの喜びようは見ていて目に涙を浮かべたほど。「これを着たら自分が生まれ変わったような気がする」すべてを失ったけれど、希望が息を吹き返した時代。

そこにもう一つ新たな希望。静子ちゃんには実は恋人がいた!その恋人が復員、水玉模様のワンピースで迎えたい。糸子に土下座して「て一生のお願いや」とまで言って懇願。こんな本気な静子ちゃんは初めて見ました。

勝を失った糸子に遠慮してずっと恋人の復員を隠してきたと静子ちゃん。そんな妹に姉を見損なうなと言ってのける糸子、その男前ぶりにしびれました。

水玉模様のワンピースを着用した静子ちゃん、ここ数週間『カーネーション』の中で見ることが出来なかった鮮やかな色彩。時代の変化を映像だけで見せてくれました。そして通りの真ん中で恋人と抱き合って喜ぶ静子ちゃん。

抱き合う二人の背後で、大口開けてぶったまげる木岡のおばちゃん、木之元のおばちゃんの表情に、なぜだか抱き合う二人以上に目が釘付けになってしまいました。

そして花嫁衣装を身に包んだ静子ちゃん。化粧もして別人のようにキレイになりました。寝たきりになってしまったハルおばあちゃんに「達者で幸せになるんやで」と言葉を贈られ出発。

そのハルおばあちゃん、孫の嫁入りを見届けてほどなくして亡くなった由。寂しくなります。

<<前回80話 | 次回82話>>

top_itokotop_home

以上、貴重なお時間を割き最後までお読みくださり誠にありがとうございました。今後とも当ブログ『朝ドラPLUS』をよろしくお願い申し上げます。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ