花子とアン 57話 福岡の炭鉱でガス爆発が発生

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年6月4日(水)放送
第10週 第57話 「乙女よ、大志を抱け!」

『花子とアン』第10週 第57回「乙女よ、大志を抱け!」
 あらすじ、ネタバレ

伝助の炭坑でガス爆発が発生し怒った炭坑夫たちが嘉納家に乗り込んで来ました。毅然とした態度で応対する蓮子に、怒り心頭の炭鉱夫たちが掴みかかろうとしたその時伝助が帰宅し、座敷に通された炭鉱夫たちと話し合うことになりました。

伝助は金で解決を図りますが蓮子はその対応に激怒。しかし、過労がたたったのか伝助は倒れてしまいました。伝助を看病しようとする女中を部屋から追い出すと、蓮子は自ら伝助の看病に当たり、意識の回復した伝助を驚かせます。

その頃、蓮子の歌集を読んだはなは、自分も遅れを取るまいと教会の図書室で原稿用紙に向かうものの思うように筆がすすみません。一方、ももは夕食の準備が出来たことを告げに教会にいるはなのもとに向かっていました。

はなは原稿用紙を広げたまま居眠り。偶然やって来た朝市がはなの寝顔を見守っていると、はなを迎えに来たももがその現場を目撃。朝市の心の中には自分でなくはながいることを、ももは知ってしまうのでした。


『花子とアン』第10週 第57回 「乙女よ、大志を抱け!」
 感想

怒り狂って乗り込んで来た炭坑夫たち、蓮様も新聞記者の黒沢も手に負えない中、炭坑夫たちを大人しくさせてしまったのは伝助の一喝。これまでずっと粗野なだけの男として描かれていた伝助ですが、今回は粗野なだけではない一面が見え隠れ。

炭坑夫の怒りを金で収める伝助に蓮様は激怒していましたが、今回ばかりは蓮様の怒りは筋違いかなと思いました。今回出したお金、「高い芸者」を買うのとは違うのではないかと。

「高い芸者」の場合が、お金と引き換えに相手の自由を奪うのに対して、今回のケースは炭坑夫の自由を奪うわけではない。というか、炭坑夫の求めに応じた側面もあるかも。

伝助に分があるのを蓮様も察したかどうか、珍しく伝助が非を詫びたのがきいたのか、美輪さんの言葉を借りると「柄にもなく看病」しはじめた蓮様。伝助もびっくり、この穏やかな関係が続けばいいのですが・・・

一方甲府ではももちゃん失恋。朝市君の気持ちがわからないはな、ももちゃんの気持ちがわからない朝市君。(そして勘違いする武)鈍揃いの中で、ももちゃんは人の気持ちの機敏を察する能力に長けているようです。ふじお母に似たのでしょうか。

居眠りするはなを見守る朝市君の姿を見ただけで、朝市君の心の中に自分がいない、いるのは姉のはなと気付いてしまいました。可哀想なももちゃん。

<<前回56話 | 次回58話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ