花子とアン 59話 ももの失恋、北海道へ旅立つ

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年6月6日(金)放送
第10週 第59話 「乙女よ、大志を抱け!」

『花子とアン』第10週 第59回「乙女よ、大志を抱け!」

はなが小学校から帰って来ると、ももがふじの胸の中で泣きじゃくっています。そのももの姿を見て、朝市との恋が実らなかったことをはなは悟りました。そして、その翌朝、ももは縁談を受けると家族に宣言するのでした。

ももが北海道に旅立つ日がやって来ました。家族全員から心のこもったせん別を渡されたももは、姿勢を正して家族一人一人ににこれまで大切に育ててくれたお礼を述べ、愛する故郷に頭を下げて別れを告げました。

別れ際、ももから新しい物語を読みたいと言われたはなは、もものために物語を書こうと心を固めます。心が決まるとはなは、来る日も来る日も小説の執筆に集中。蓮子の歌集を励みにしながら原稿用紙に向かい続けるはな。

そして、ついに新作小説『たんぽぽの目』を書き上げ、原稿用紙に「安東花子」と署名します。はなは新作小説の原稿を出版社に持ち込み、刊行に向けて直談判しようと東京の出版社に乗り込んでゆくのでした。


『花子とアン』第10週 第59回 「乙女よ、大志を抱け!」
 感想

ももちゃんが旅立ちました。姿勢を正して家族一人一人に感謝の言葉を述べるももちゃん。そこまで改まらなくてもと、こんな時もいい加減な吉平おとうをたしなめ、礼儀正しく挨拶。

とりわけぐっと来たのが、道を歩くももちゃんが立ち止まって振り返ると故郷に向かって深々とお辞儀するところ。家族だけでなく村の人たちやこの地で暮らし続けてきたご先祖様、そして土地そのものにまで感謝の念を捧げるももちゃん。

末っ子ながらも安東家の子供たちの中でもしかすると一番しっかりしているのかも知れません。こんなところで、人と成りが現れるものですね。(こんなところ「人と成り」が現れた吉平おとうは一体、どんな人?・・・)

さて、これまで、はな、かよちゃん、吉太郎君が故郷を旅立ってゆきましたが、兄姉たちの旅立ちの中で一番ドラマチックな演出が施されていたことが気になりました。ももちゃん、こんな立派な旅立ちをしてこの先どんな人生が待っているのか。

今日現在発表されている『花子とアン』のあらすじでは、ももちゃんの北海道に渡った後の話しは出て来ていませんが、吉平おとうが推す森田君と幸福をつかんでもらいたいものです。『花子とアン』終了後には、北海道のももちゃんのスピンオフを見てみたいものです。

一方、蓮さまの歌集を見て遅れまじと焦りつつも物語スイッチが入らなかったはなでしたが、「お姉やんの新しい物語楽しみにしてる、書いたら送ってくりょ」というももちゃんの一言でついにスイッチが入りました。

立派な旅立ちをしたももちゃんに捧げる新作小説が完成。この小説がきっかけとなり、再来週からはなはついに表舞台に出ることになるみたいです。

<<前回58話 | 次回60話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “花子とアン 59話 ももの失恋、北海道へ旅立つ”

  1. 祥子 より:

    はなの兄妹のその後にも、ライトが当たるといいかなとも思いましたが、それぞれに苦労を重ね、はなほどに夢や希望が叶う人生ではないのかもしれませんね。当時の貧しい、それが普通の生活だったのかも。

    原稿用紙のたんぽぽの目、字体が、まるで硬筆のお手本のようでした。お見事。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      はなの兄妹の実話、特に長男の方は悲惨な末路をたどったようです。あまりに幸福な脚色はリアルさを損なう恐れもあり、難しいところなのかも知れません。

  2. sukoyaka より:

     もものあまりに立派な別れの挨拶になみだが止まりませんでした。
    なんとなく、ももの、将来の大変さを表してるような。
     北海道開拓は、とても過酷な仕事、今以まで上に大変な生活に
    なるだろうと心配になります。
     ストーリーの中の話なのですけど。
     現在だからわかっている事だけど、ちょうどブラジル移民と似てます。
    甘い言葉だけで、実状を知らされてなかったから、わらをも掴む気持ちで
    応募したのでしょうね。
     だれも北海道が大変だからと辞めさせようと云う者いなくて
    ももが可哀そう。  そんな時代だったのでしょうね。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      ももちゃんの旅立ちの折目正しさ、兄姉たちのこれまでの旅立ちと比べても数段立派なものでしたね。そして一番家族や故郷に対する感謝の気持ちを感じるものでした。北海道開拓は過酷な日々が続くことと思いますが、幸福になってほしいものですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ