花子とアン 61話 梶原の出版社に誘われるはな

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年6月9日(月)放送
第11週 第61話 「グッバイ!はな先生」

『花子とアン』第11週 第61回「グッバイ!はな先生」

出版されたばかりのはなの新作『たんぽぽの目』を携えて、梶原がはるばる東京から甲府の安東家までやって来ました。梶原が立ち上げた新しい出版社で働いてほしいとはなと家族に頼みに来たのです。

梶原の誘いに心が動くはなでしたが、ふじや周造のことを思うとはなは甲府の家族のもとを離れて東京に行くとは口に出せません。梶原は諦めて東京に戻りました。その夜、はなは蓮子に宛てた手紙を書きました。

はなからの手紙と新刊『たんぽぽの目』を受け取った蓮子は「腹心の友」との女学校での日々を思い出し、成長した娘の冬子を修和女学校に進学させることを提案。しかし伝助は冬子の進学に難色を示します。

一方、小学校で広まったはなが東京に行くという噂を聞いて焦った朝市は、はなに告白しようと決意。教会ではなに告白しようとしたその時、リンがはなを連れ去ってしまいました。リンに連れられはなが家に戻ると見知らぬ女が訪れていました。

『花子とアン』第11週 第61回 「グッバイ!はな先生」感想

はなが住む村の人が滅多にお目にかからないような立派な身なりの紳士がいきなり出現。しかも「お嬢さんを下さい」と爆弾発言。集まっていた村の人たち一斉に「てっ!」軽妙なスタートを切った11週。

蓮さまに宛てた手紙の中で、蓮さまの歌集を読み雷に打たれたような衝撃を受け、家と学校の往復を続ける生活の中で物語に挑戦できたと、はなは記していましたが、新刊『たんぽぽの目』は、はなの心の中で蘇った夢。

そしてその夢に更に近づいてゆけるチャンス(「お嬢さんを下さい」)が眼の前に来たにも関わらず、おじいやんとおかあの不安げな顔を見てしまったはな。蘇った夢を再び封印した時のはなは一体どんな気持ちでいたんでしょうか。

一方で、はなから手紙と新刊を受け取った蓮さま。嘉納家に嫁いでこのかた、あんなに嬉しそうな笑顔を見せたのは初めてのことかも。はなからの手紙は蓮さまにとっても干天の慈雨。腹心の友との日々がこれほど輝いて見えるとは、第6週の頃には夢に思いませんでした。

話しかわって職員室で、おじさんの先生方、みんな揃って『たんぽぽの目』を読書。あの緑川先生まで本屋の看板娘にすすめられたと言い訳しながら読む姿が可愛らしい。本多校長先生の素直な喜びっぷりも見ていて気持ちの良いものでした。

そして朝市くんがついに告白・・・ぎりぎりのところでリンおかあが登場。相変わらず空気が読めないおばちゃんですが、緊急事態だからやむを得ないですね。

追記:富士山に表と裏があることを初めて知りました。僕は富士山がとてもよく見える土地で生まれ育ったのですが、そこから見える富士山は側面だったのかとちょっとがっかりしました。

<<前回60話 | 次回62話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

3 Responses to “花子とアン 61話 梶原の出版社に誘われるはな”

  1. りつ より:

    職員室で皆さん一心に『たんぽぽの目』を読むシーンが良かったです。本の装丁もたんぽぽに因んでほんわか可愛らしく、素敵な本が出来ましたね!
    朝市君は、あ〜もうっ、と残念なのですが、確かに、原作にはない、朝市&リン母子の存在が、このお話をドラマとしてとても面白くしていますね。私は松本明子さんが好きなので、リン母さん、頑張って、って応援してます。リン母さんも納得するような、朝市君のお嫁さんは来るのかな?

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。

      > 職員室で皆さん一心に『たんぽぽの目』を読むシーン

      緑川先生までが真剣に読んでたのがなんとも微笑ましかったですね。口は悪いですが根はいい人なのかも知れません。

      幼少の頃からはなが好きだった朝市くん、幸福な結婚をしてもらいたいものですね。

  2. りつ より:

    職員室で皆さん一心に『たんぽぽの目』を読むシーンが良かったです。本の装丁もたんぽぽに因んでほんわか可愛らしく、素敵な本が出来ましたね!
    朝市君は、あ〜もうっ、と残念なのですが、確かに、原作にはない、朝市&リン母子が、このお話をドラマとしてとても面白くして

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ