花子とアン 65話 サダの真実、両親は仲直り

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年6月13日(金)放送
第11週 第65話 「グッバイ!はな先生」

『花子とアン』第11週 第65回「グッバイ!はな先生」

周造に『たんぽぽの目』を読み聞かせた吉平は、畑仕事から戻ったふじに話し合いたいと声をかけました。しかし相変わらず怒ったままのふじにまったく相手にされず、吉平はやむなく安東家を再び出て行きました。

その頃、吉平の愛人を名乗るサダがはなの小学校にやって来て、真相を語りはじめました。サダが安東家で話した吉平とのことはすべて嘘で、仲の良い吉平とふじのへの嫉妬にかられての狂言だったのです。

はなは家に帰るとサダから聞かされた真相をふじに聞かせ、吉平が教会にいることを告げました。急ぎ足で吉平のもとへ駆けつけたふじと吉平は涙ながらに仲直り。吉平は自分の生まれ故郷である静岡にふじと旅行することを約束します。

そんな中、周造ははなに「見つけた夢は夢中で追いかけろ」とはなに言葉を遺し、甲府に初雪の降った日に静かに息を引き取りました。葬儀も終わり、東京行きを迷うはなに朝市は自分の気持ちを封印して「行けし」とはなの背中を押すのでした。

『花子とアン』第11週 第65回 「グッバイ!はな先生」感想

夢への第一歩を踏み出そうとするはなの背中を押す、珠玉の言葉満載だった『花子とアン』第65回。夢を追いかけている人の心を奮い立たせるような言葉の数々を書き出してみました。

まずは周造おじいやんのいぶし銀のような箴言から。

「見つけた夢は夢中になっておっかけろし。この手でわしらの作れんものをつくってくれちゃ」

こんな素敵な言葉を孫に遺した周造おじいやんですが、はなに教わった通り自分の名を周造から周左衛門に変えることで夢見る力が自分に伝わったと、孫を師のように考えている周造おじいやん、優秀な孫が心から誇らしかったのでしょう。

「見つけた夢は夢中になっておっかけろし」

朝ドラ『ちりとてちん』のヒロイン・喜代美が、おじいちゃんが遺した言葉を心の支えにして夢を追い続けたように、はなもこれから周造おじいやんの言葉を心の支えにしてゆくのでしょうか。

そして、朝市くん。はなが相談したいことが出版社勤務を諦めきれないことだと敏感に察知。自分のはなへの気持ちは心の奥にぐっと呑み込んで、恐らく断腸の思いで「行けし!」

そして「一生懸命やって勝つことの次にいいことは、一生懸命やって負けることだ」と、夢を追いかけ続けることの大切さを、周造おじいやんとは異なる言葉で説く朝市くん。自分の気持ちよりはなの夢を大切にするほどにはなのことを想っていたとは。

そんな朝市くんが幸せをつかめますように。

<<前回64話 | 次回66話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ