花子とアン 66話 はな再び故郷を離れ東京へ

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年6月14日(土)放送
第11週 第66話 「グッバイ!はな先生」

『花子とアン』第11週 第66回「グッバイ!はな先生」

甲府に初雪の降る日、周造は静かに息を引き取りました。周造の他界を機に、吉平は行商をやめて百姓になる決意を周造の仏前に報告。そして吉平の生まれ故郷・静岡にふじを連れて行くことを約束しました。

一方、周造の「見つけた夢を夢中で追いかけろ」という言葉を思い返すはな。本気で夢を追いかけたくなった、東京の出版社で働かせて欲しいと、はなは両親に手をついて懇願。ふじははなの願いを聞き入れるのでした。

月日が流れ翌年の春、1919年(大正8年)3月。はなが学校を去る日がやって来ました。生徒たち帰った教室に一人佇むはなのもとに本多校長や朝市ら教員たちが集まり、一人一人はなに「がんばれし」と言葉を贈ります。

出発前日、両親を二人きりにさせてしまうことを謝るはな。吉平はこれから夫婦水いらずで暮らすとはなを安心させます。ふじははなと暮らしたこの6年間は人生の宝だと告げました。そして明くる日、はなは新しい曲がり角を曲がって行くのでした。


『花子とアン』第11週 第66回 「グッバイ!はな先生」感想

「はなのことは決して忘れんさ、はなの言いてえことくらいわかるさ」

はなに別れを告げる朝市くんの言葉が泣かせます。自分のはなへの想いを押し殺して「はな」が「花子」になることを後押しした朝市くん。「はなでなく花子と呼んでくりょ」と久しぶりに聞くフレーズで「花子」になることを祝福。

少年時代の朝市くんも回想場面で久しぶりに登場しましたが、子供の頃から控えめで優しかった朝市くん。最後の最後まで自分を全面に出さない朝市くんを貫き通しました。ついにはなには告白は出来ずリンおかあは落胆してましたが、朝市くんには幸福になってもらいたいものですね。

あの緑川先生までが泣く寸前。はなを、机の上に座ってしまった子供の頃からよ〜く知っている本多校長先生に至っては嗚咽をこらえるのがやっと。口は悪いけれど、心優しき先生方でした。来週からはもうお会いできないのでしょうか。

安東家も子供たちが一人、二人、三人と巣立ってゆき、周造おじいやんも他界。吉平おとう、ふじおかあ、そしてはなの三人ですっかり寂しくなってしまいましたが、はなが出て行ってついに二人っきり。

これが子供の成長だと口では言う吉平おとうの目は泣いてました。それでも、吉平おとうが行商をやめて家にずっといることになったのはふじおかあにも、はなにも救いとなりました。

来週からは、舞台も登場人物もガラリと入れ替わりまるで新しい物語がスタートするかのようです。予告動画もにぎやかな映像満載。面白くなってきました。

<<前回64話 | 次回67話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ