花子とアン ネタバレ,あらすじ 68話 英治に暴言、落ち込むはな

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年6月17日(火)放送
第12週 第68話 「銀座のカフェーで会いましょう」

『花子とアン』第12週 第68回
「銀座のカフェーで会いましょう」

泥酔したはなを家まで送った英治は漬物石代りになっている英英辞典を見て急に悲しそうな顔に。田舎では英語を使う場所なんてないとくだを巻くはなに、あなたは翻訳の才能があるのに残念だと言い残して英治は帰って行きました。

翌朝、村岡にからんだことを全く覚えていないはなは、かよから一部始終を聞かされて後悔。出社すると早速梶原に詫びましたが、梶原ははなに、宇田川満代への連載以来の仕事をはなに命じ、自信を付けさせようとします。

宇田川が執筆しているカフェードミンゴに足を運んだはなは、早速宇田川に連載をお願いするものの一蹴された上、編集者には向いていないとまで言われてしまいます。隣の席にいた紳士にまで編集者に不向きと言われはなはすっかり自信を失います。

会社に戻り連載を断れたことを梶原に報告するはな。当たって砕けろと励まされたはなは、社内で村岡と再会。前晩の非礼を詫びるはなに、村岡は歓迎会のやり直しを提案。生まれて初めての逢い引きかの誘いかと緊張してしまうはなでした。


『花子とアン』第12週 第68回
「銀座のカフェーで会いましょう」感想

英英辞典が漬物石になっていて悲しそうな村岡印刷さんの悲しそうな顔が切ない。はな、改め花子の翻訳の才能を心から尊敬していたのでしょう。その敬意がこもった英英辞典が漬物石、花子の才能がまるで活かされなかった日々のシンボルのようです。

でもせめてもの救いは英英辞典を漬物石にしたのはかよちゃん。はなではなかった。はな自ら、花子の才能を捨てるようなことをしたのではなかったのでほっとしました。でも村岡印刷さんはその事実を知らない。

「お姉やんがこんなに酒癖悪いとは知らなんだ」

葡萄を絞った滋養のお薬事件以来の泥酔ぶり。酒癖が悪いのはお薬事件で承知していましたが、酒癖の悪さがグレードアップしているのにはびっくりしました。ワインよりウィスキーのほうが強いのでそのせいもあるのかも知れませんが。

出勤初日から醜態をさらしたはなですが、翌日には大きなミッションを与えられました。大きなミッションとはいっても、多分に梶原さんや醍醐さまのヨイショもあったのでしょうが。しかし、その仕事は不向きとコテンパンにやられるはな。

『花子とアン』始まって以来の、ヒロインをいたぶりまくる展開でしたね。そんないたぶりまくりに、自然に且つコミカルに反応する吉高さんのお芝居がとても心地よい。いたぶられている時の吉高=はな、大好きです。

苦あれば楽あり。宇田川さんに、その年で逢い引きもしたことないのかと鼻で笑われたはなですが、その直後にこれはもしかして逢い引きの誘い?

「よかったら今夜、歓迎会やりなおしませんか?」

「今夜」というところがちょっとドキドキします。

<<前回67話 | 次回69話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ