花子とアン 69話 はな、あいびきに誘われる

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年6月18日(水)放送
第12週 第69話 「銀座のカフェーで会いましょう」

『花子とアン』第12週 第69回
「銀座のカフェーで会いましょう」

英治から誘われた歓迎会のやり直しを「人生初の逢い引き」と勘違いしたはなは、終業が近づくとソワソワしはじめます。しかし村岡と会うと聞き同席したいと申し出る醍醐の勢いにはなは断ることができません。

カフェーで村岡の到着を待つはなと醍醐。占いのお告げで英治が運命の人だと信じ込む醍醐は、英治と結婚したらきっとうまくゆくはずだから応援してほしいと言い出します。はなはどう返事をしたものか迷ってしまいます。

そこへやって来た英治は弟の郁弥を同伴。逢い引きでなかったことに内心落胆するはなでしたが、英国帰りの郁弥がロンドンで買ったという本をもらったはなは、読み始めるや意味不明の単語が気になり、辞書で調べに一人で家に帰ってしまいました。

はなは、翌日にはもらった本を翻訳し新雑誌の連載作品にしたいと梶原に提案。英語への情熱が蘇ったはなは、仕事への自信も取り戻し、カフェーにいる宇田川に再度の連載依頼。そんな中、はなに福岡の蓮子から電話がかかってきました。


『花子とアン』第12週 第69回
「銀座のカフェーで会いましょう」感想

事前発表のあらすじでは、はなは醍醐さまから村岡印刷さんへの恋心を打ち明けられるとなっていたので、醍醐さま、いつの間に!?とびっくりしてましたが、占いで運命の人だと信じ込んでいたみたいで、恋心と呼ぶほどではなさそうでした。

それでも、村岡印刷さんとの結婚後のバラ色の将来まで確信している醍醐さま。はなと人間関係がこじれることは避けて通れそうもありませんが、修和女学校時代から続く友情のもつれに、気持ちのよい出口はちゃんと用意されているんでしょうか。

村岡印刷さんの弟・郁弥くんが登場。かよちゃんの山梨ことばにいちいち英語で反応する郁弥くんに、兄の印刷さん「弟はいろいろ変なんです」。お兄さん、あなたも十分過ぎるほどいろいろ変です。

席につくと英語で会話をしはじめるはなと郁弥くん。兄からいつもあなたの話しを聞いているとか、醍醐さまの前でドキドキしてしまうような内容。はなと一緒に英語を勉強していたはずの醍醐さまですが、全く英語はわからないようです。

そんなはなの英会話を聞いたかよちゃん。「お姉やんが英語をしゃべるのを初めて聞きました。こぴっとしゃべってくれちゃ」確かに初めてでしたね。かよちゃんの反応可愛過ぎです。

このかよちゃんをデートに誘い始める郁弥くん。きっぱり断られてしまったものの、かよちゃんはこの先、恋に破れることになるらしいです。もしかすると相手は郁弥くんでしょうか。

さて、はなに英語への情熱を取り戻させようと一計を案じていた村岡印刷さん。郁弥くんがロンドンで買った本にはなは夢中。単語の意味を調べに帰るまさかの反応ですが、村岡印刷さんは作戦成功でニンマリ。

英語の情熱を取り戻して俄然仕事のやる気も出て来たはなは、鼻持ちならない宇田川さんに当たって砕けても今日は涼しい顔。そんなはなをカフェーの店の陰から見守る村岡印刷さん。その場所で立っているのは今日で二度目ですね。

さて、蓮さまから電話が来ました。いよいよ蓮さまの大騒動が勃発です。

<<前回68話 | 次回70話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ