花子とアン 70話 上京する蓮子と再会の約束

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年6月19日(木)放送
第12週 第70話 「銀座のカフェーで会いましょう」

『花子とアン』第12週 第70回
「銀座のカフェーで会いましょう」

蓮子が上京することになり十年ぶりの腹心の友との再会に、はなも蓮子も小躍りして喜びました。舞い上がる蓮子は新聞記者の黒沢に新興成金らしく浪費することを宣言。しかしそんなことをしても心の空洞は埋まらないと黒沢に指摘される蓮子。

蓮子と再会する当日、いつもよりオシャレなはなは梶原たち編集部の面々から「待ちに待った逢い引き」と冷やかされます。聡文堂を訪ねて来ていた英治は、これからはなが逢い引きするらしいことをひどく気にかけている様子です。

はながいよいよ出発というタイミングで、作家の宇田川満代が聡文堂に来社。足止めされたはなや編集部一同は宇田川に小説の連載を依頼。今執筆している小説に行き詰まっているという宇田川は面白い恋愛の話の提供を条件に連載受諾を示唆します。

突然の宇田川の来社で蓮子との約束の時間が迫り焦るはな。その頃、先に「カフェードミンゴ」に到着していた蓮子は、帝大生の宮本龍一から「新興成金はこの店から追い出す」とからまれ、緊迫した空気に包まれていました。


『花子とアン』第12週 第70回
「銀座のカフェーで会いましょう」感想

今回の最後の美輪さんのナレーション「はなが約束の時間に遅れなければこの二人は出会うこともなかった」・・・今回のエピソードのひとつひとつは、蓮さまと宮本くんの運命の出会いのお膳立てのために積み重ねられたのでしょう。

はなが約束の時間に遅れなければこの二人は出会うこともなかったのですが、そもそも蓮さまの上京がなければはなとも再会もない。その再会が決まり舞い上がった蓮さま、それまで恐らく一番毛嫌いしていただろう「新興成金」宣言。

その宣言がわざわいしたのではないでしょうが、はなとかよのおとうやんみたいな理想夢追い人・宮本くんに「新興也金はまずいコーヒーで追っ払えと言った」と絡まられる蓮さま。

運命の出会いの直接的な引き金となったはなの遅刻の原因、宇田川満代さんの来社。連載する小説の執筆を懇願する交渉担当のはなや梶原など聡文堂一同に、書きたいのはやまやまだが、恋愛小説に詰まってる、面白い恋愛の話しを提供してくるなら考えてもいい。

連載の交換条件「面白い恋愛話の提供」これは後々、はなが飛んで火にいる夏の虫のごとく、はなは宇田川満代さんの格好の餌食になるみたいです。これまで伏線を張って回収する手法は控えめな使い方しかされていませんでしたが、今週からこの手法を前面に押し出してきたのでしょうか。

伏線とその回収といえば、これはその手法に当たるのではないでしょうが、はなの児童文学賞受賞作のタイトル『みみずの女王』。受賞した頃は、何故みみず?と疑問に感じたものです。でも、それが今になって効いてきましたね。

宇田川さんがはなのことをいつも「みみずの女王」と呼んでますが、この呼称、宇田川さんの鼻持ちならないキャラを引き立たせ、また宇田川さんがどれほどはなを田舎者として見下しているのかがよくわかって秀逸です。はなは気の毒ですが。

追記:はなが宇田川さんに小説執筆依頼の交渉をする時に必ずコーヒーを飲みに来ている初老の紳士。今回も「今日もせっかくのコーヒーがまずい!」。いつもたった一言の出番ですが、この殿方の存在感がすごい。最近僕が一番気になっているキャラクターです。

<<前回69話 | 次回71話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 70話 上京する蓮子と再会の約束”

  1. あめちゃん より:

    一時、サイトがつながらなくなっていたので、辞められたのかな…と残念に思っていましたが、あらすじを更新して下さります一安心です。
    今週は蓮様の少女のような笑顔が見れて、うれしいです。悪気は全くないのに誤解されてしまう蓮様、はなに対する笑顔を見ればどれだけ可愛い人がわかりますのにね。龍一、それにやられるのかな?(笑)

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。

      サイトへのアクセスが出来なくなりご迷惑をおかけしました。

      6月20日の回の蓮さまの喜びよう、見ているだけでこっちまで嬉しくなってきましたね。いつもこんな笑顔でいられるような日々を、蓮さまには再び手に入れてほしいと切に願っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ