花子とアン 72話 はな、自分の恋心に気づく

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年6月21日(土)放送
第12週 第72話 「銀座のカフェーで会いましょう」

『花子とアン』第12週 第72回
「銀座のカフェーで会いましょう」

はなが、英治の弟・郁弥から譲り受けた小説が雑誌の新連載作品になりました。翌日まで翻訳を仕上げてほしいという梶原の依頼を受け、張り切って徹夜で翻訳を完成させたはなは、蓮子が英英辞典に忍ばせた手紙の存在に気がつきます。

「この辞書の送り主はずっと前からはなちゃんの心の中にいたのね。自分の気持ちに素直になりなさい」

蓮子のメッセージを読んだはなは、自分の夢をこれまで支えてくれていたのが英治だったことにその時はじめて気がつくのでした。翌日、はなの翻訳作品『王子と乞食』の原稿を、終業後に取りに来た英治は聡文堂ではなと二人きりに。

はなは、蓮子から自分の心の中にある男の人がいると読まれてしまったことを打ち明け始め、勢い余って英治に告白。動揺し大雨の中を逃げるように家路に向かうはなはは、追って来た英治に抱きしめられてしまうのでした。


『花子とアン』第12週 第72回
「銀座のカフェーで会いましょう」

今日が土曜日でよかった。平日の朝からこれをやられていたら、ずいぶん多くの方が「パルピテーションの嵐」に見舞われたかと。でも、来週からしらばくは「パルピテーションの嵐」が吹き荒れそうな見通しです。

蓮さまの鋭い指摘「この辞書の送り主はずっと前からはなちゃんの心の中にいたのね」蓮さまからこんなふうに突っ込まれるまではなは自分の気持ちに気づいていませんでしたが、僕も見ていて気づきませんでした。

田舎の学校教師になり、家と学校の往復をする慌ただしく単調な暮らしの中で、はなは自分の夢を封印し続けてきましたが、封印はしても捨てなかったのは他ならぬ村岡印刷さんの言葉に支えられていようとは。

夢を忘れないでとか、「花子」になるべきとか。封印した夢の防腐剤として村岡印刷さんの言葉は効用を発揮していたんでしょうか。そして言葉とともにいつの間にか村岡印刷さんまで入り込んでいたとは。

甲府時代、自分のパルピテーションは誰なのかと想像のツバサを広げた時に、村岡印刷さんが登場したのはこのことだったのかと、今になって納得しました。でも、あの時はまだ、心臓の中までは入っていなかったのでしょう。

来週は蓮さまにも「パルピテーションの嵐」が吹き荒れそうです。荒れ模様の『花子とアン』次回が待ち遠しくてたまりません。

<<前回71話 | 次回73話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 72話 はな、自分の恋心に気づく”

  1. hublog より:

    コメントありがとうございます。
    次作『マッサン』の追加キャスティングの発表はまだないようです。先日、北海道ロケがスタートし撮影が物語中盤に向かっていることがわかりました。中盤以降の撮影がはじまるタイミングで、新たな役者陣が発表されるのではないかと思います。

  2. えびすこ より:

    恋心を実感ですか。最初に会ってからかなり年月が経っていますね。若い頃に最初に会ってから何年かたってから結婚する。反対に言うと前作・ごちそうさんの時は「即決で結婚した」とも言えます。ちゅらさんや梅ちゃん先生では主人公が夫とは子供の時からの知り合いでしたね。梅ちゃん先生に至っては「隣の家の人」でした。
    20日の第71回の放送では2つの意味でハラハラしていた視聴者もいたでしょうね。
    ところで次作・マッサンで新しく出演する俳優は決まりましたのでしょうか?毎日スポーツ紙などでチェックしてますが、若手男性俳優では聞きません。朝ドラの場合は新しく出演する俳優は直前までわからないことが多いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ