花子とアン 74話 かよが英治の秘密を知る

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年6月24日(火)放送
第13週 第74話 「その恋、忘れられますか?」

『花子とアン』第13週 第74回「その恋、忘れられますか?」

英治から「夕べのことは忘れて下さい」と謝罪され、英治の言葉を理解できず落ち込むはなでしたが、無理して明るく振る舞っていました。会社の同僚からは訝しく思われるものの、そんなはなのことがかよは心配です。

一方、蓮子の詩集を読んで感動したという帝大生の龍一が蓮子の住む福岡まで遠路はるばるやって来ました。龍一は面会を断られても、女中の制止を振り切り蓮子の部屋に向かい、大学の劇団のための脚本を書いてほしいと蓮子に懇願します。

そんなある夜、カフェードミンゴに郁弥がやって来ました。英治は一緒ではないのかと郁弥に訪ねるかよ。英治は結婚してすぐに結核を患った妻の見舞いに行ったと郁弥は答え、かよを驚かせます。

はなの恋が道ならぬ恋であることを知ってしまったかよは、英治が既婚者であることを内緒にしてほしいと郁弥に頼みます。その頃、英治ははなの翻訳作品『王子と乞食』のレイアウトづくりに没頭するのでした。


『花子とアン』第13週 第74回 「その恋、忘れられますか?」
 感想

かよちゃんとの朝のひと時。前の日の朝は「てっ!てっ!てっ!」で何かあったと悟られ、今日の朝は「忘れて下さいってどういう意味だと思う?」という質問で、再び「またなんかあっただけ」「やっぱしなんかあっただね」とかよちゃんお見通し。

今日もわかりやすいはな。「こぴっと忘れよう。よし、忘れた忘れた」会社でも、かなり不自然な空元気、ライバル宣言してきた醍醐さまにまで明るく振るまい、何かあったんだろうと梶原さんもお見通し。

英治さんから「夕べのことは忘れて下さい」と深々と頭まで下げられたのだから、もっと思い詰める場面が続くのかと思っていたら意外にもコミカルな場面の連続。吉高さんの持ち味が存分に活かされてますね。

一方で部屋に引きこもって読書に耽る蓮さま。あまりに楽しかった東京でのひと時の反動が来たのでしょうか。本がうずたかく積まれずいぶん散らかった部屋にちょっとびっくり。でも、女学校時代も蓮さまの部屋は汚部屋だったことを思い出しました。

さて、龍一くんが登場。「演劇を通して不平等な日本を変えたい」という熱弁に蓮さまが反応。ただし龍一くんが口に出した言葉の内容でなく、その言葉に込められた「熱」に反応したのでしょうか。「ずいぶん熱いのね」と蓮さま。

この「ずいぶん熱いのね」。何気ない一言が日に日に大きな渦となり、やがて日本中を騒がせることになるとは。この二人の展開、これから眼が離せません。

最後に、村岡印刷兄が既婚であることを知ってしまったかよちゃん。お姉やん思いだから、とんでもない秘密を知ってしまって荷が重過ぎるかも。ちょっこし気の毒なかよちゃんでした。

<<前回73話 | 次回75話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ