花子とアン 75話 はなの失恋と恋の相談相手

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年6月25日(水)放送
第13週 第75話 「その恋、忘れられますか?」

『花子とアン』第13週 第75回「その恋、忘れられますか?」

英治が既婚者であることを知ってしまったかよは「あの人はやめたほうがいいと思う」とはなに忠告します。しかし、はなのほうから英治にふられてしまったと打ち明けられ、かよは胸をなで下ろします。

その頃、村岡印刷では英治がはなの翻訳作品『王子と乞食』の割り付けづくりに没頭していました。そこへ英治の父で村岡印刷の社長・平祐が戻り、回復の見込みのない病床の妻と離婚することを英治にすすめます。

英治は、仕上がった割り付けを聡文堂に納めに足を運びます。英治の割り付け案に梶原は難色を示すものの、物語の世界観が表現されているとはなは感激。英治もはなの翻訳を珍しく美辞麗句で褒め称え、はなは混乱してしまいます。

はなはカフェーにいる宇田川を訪ねました。恋愛の題材を求める宇田川にはなは自分の経験を友人の話しとして紹介するうちについつい逆上。そこへ吉太郎が来店、勤務中なので知らないフリをしてくれるという吉太郎に困惑顔のはなとかよでした。


『花子とアン』第13週 第75回 「その恋、忘れられますか?」感想

カフェードミンゴで、宇田川の鼻持ちならない態度に「コーヒーがまずいっ!」といつもたった一言ながらも強烈な印象をいつも残す初老の紳士。この方が村岡兄弟のお父上であることが判明。粋な登場のさせ方に度肝を抜かれました。

はなに編集者には不向きと言い切るあたり、もしかしてその筋の人かな?青い議論でやかましい龍一くんたちにぐうの音も出ないほどツッコミを入れるあたり、出版界か文壇の重鎮かなとあれこれ想像していましたが、まさかの展開。やられました。

前回、かよちゃんと郁弥くんの会話の中で英治が既婚であること。奥さまは重篤な病気であるらしいことが判明。それを受けて今回は英治と郁弥くんのお父上を登場させて英治の秘密に深く斬り込む展開が見事です。

奥さま・香澄さんの病室に英治はちょくちょく見舞いに足を運んでいること。そのことを香澄さんのお父上は大変申し訳なく思っていること。そして両家の父親が揃って英治と香澄さんの離縁を望んでいることが明らかになりました。

両家の父親の望みに対して英治と郁弥くんは異を唱えています。残るは香澄さんご本人がどのような気持ちでいるのか。事前発表のあらすじでもそのあたりはあまり深く説明されていないので、見てのお楽しみになりそうです。

話し変わって自分の失恋話しを友人のことにして、編集者として「面白い恋愛の題材」を宇田川に提供してしまったはな。重くなりがちな失恋の話しですが、他人ごとのはずなのに逆上してしまうコミカルな芝居に救われました。

それにしても、いつもならはなのほうが先に退席するところ、今回は何故か宇田川のほうが先に退席。はなの話しをつまらなそうに聞きながらも「何か進展があったらまた教えて頂戴」と宇田川。小説の着想を得たみたいです。

<<前回74話 | 次回76話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

One Response to “花子とアン 75話 はなの失恋と恋の相談相手”

  1. えびすこ より:

    割り付けはレイアウトですね。今日の出版社が出す書籍なら「レイアウト担当」がいますが、村岡印刷は「家族経営」の様な体制なので英治さんがしていますね。
    醍醐さんが職場で来ている洋服は女学校時代の劇の時の衣装と似た物ですね。多分違う物だとは思いますが。はなの身上話が宇田川さんの小説のネタにされたのかな?

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ