花子とアン 79話 英治既婚の事実を知る醍醐

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年6月30日(月)放送
第14週 第79話 「ゆれる思い」

『花子とアン』第14週 第79回「ゆれる思い」

ある日、文芸誌に連載中の宇田川の小説が、はなと英治の恋愛がモデルになっていることに気付き、はなは激しく動揺。そこへ宇田川から電話。新雑誌『にじいろ』用の連載を書いているところだと宇田川ははなに告げます。

はながカフェーに駆けつけると宇田川は児童小説『銀河の乙女』第1話を一気呵成に書き上げました。原稿を読んで感激するはな。しかし、梶原からその原稿を村岡印刷に直接持ち込むよう指示を出されてしまい、はなは困惑。

はなが村岡印刷に原稿を持ち込むと事務所では英治が一人で仕事をしていました。宇田川の小説の組版を英治に頼むはな。その晩、眠れなくなってしまったはなを、あまり無理するなと心配するかよ。

それから二週間を経て雑誌『にじいろ』が完成。完成の祝杯をあげる席で、英治が既婚者であることを醍醐も知ってしまいます。その頃、英治は『にじいろ』を携え入院している妻・香澄の病室を訪れていました。


『花子とアン』第14週 第79回 「ゆれる思い」感想

はなの失恋ネタが小説に!今週は、はなの試練で幕を開けました。ドラマをわかりやすくするためとは言え、わかりやす過ぎるはなネタ。失恋ネタ拝借の善し悪しはともかく宇田川さんも交換条件の連載執筆開始。義理堅い女性なんですね。

言い方は悪いですが、自分を売ったことで宇田川の小説連載という成果物を得ることが出来たはな。その成果物を、ネタ元である村岡印刷に納めよと業務命令。たたみかけるような試練の連続。

業務命令の直後に、宇田川さんが知ってか知らずか「忘れてくれ」と言った理由はその男が妻帯者だからと作家の勘を披露。それくらいの勘の良さ、聞かされた失恋話しが誰の話しなのかはきっと察しているのでしょう。

そう考えれば宇田川さんがはなに「忘れてくれ」の理由を説明したのも、「がんばりなさい」と言ったのも、不器用な宇田川さんなりに精一杯のはなへのエール、優しさの下手な表現だったのかも知れません。

もしそうなら、いいところのある人ですね。でも、宇田川さんのはなへの毒舌はこれはこれで楽しみなので、下手にいいところを見せずに、これからも毒舌を炸裂させてほしいものです。

続く試練。さすがにこたえたのか眠れなくなるはなにかよちゃんが優しい。その日の試練を心配するだけでなく、仕事でも無理してるのではないかとそこまで気を回すはなちゃんの心遣い。最近はかよちゃんのほうが姉に見えるほど。

宇田川さんといい、かよちゃんといい、心優しい人たちに囲まれたはなは幸せ者。

さて、ついに英治の妻・香澄さんがその姿を現しました。新たな物語の展開の予感。今週も慌ただしい『花子とアン』になりそうです。

<<前回78話 | 次回80話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ