花子とアン 80話 病床の妻・香澄を見舞う栄治

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年7月1日(火)放送
第14週 第80話 「ゆれる思い」

『花子とアン』第14週 第80回「ゆれる思い」

印刷があがったばかりの新雑誌『にじいろ』を携え、英治は病床の妻・香澄を見舞いました。『王子と乞食』の英治が描いた挿絵と翻訳者の女性名を見て何かを察したらしい香澄は、カメオのブローチを取り出すとじっと見つめ続けます。

一方で、はなの翻訳作品のページの挿絵を描いたのが英治と知り姉を案ずるかよは、カフェーの常連客・ミスタードミンゴが、はなが編集者らしくなったと褒めていたことを伝え、はなを励ましました。

創刊号の発売準備に追われる中、梶原ははなを伴い村岡印刷を訪問。はなはその時、ミスタードミンゴが村岡印刷の社長にして村岡兄弟の父であることを初めて知ります。村岡社長に挨拶しながら動揺を隠せないはなを訝しむ梶原。

そんなある日、香澄は見舞いに来た英治の入室を拒んでいました。一方で翌朝までに仕上げる校正作業を一人で請け負うはな。そんなはなに梶原は、英治と何かあったにせよ『にじいろ』2号に向けて頑張ってほしいと声をかけ励ますのでした。


『花子とアン』第14週 第80回 「ゆれる思い」感想

英治の病気の奥様、香澄さんが本格登場。英治が持って来た新雑誌『にじいろ』を見た香澄さん、読者第一号として忌憚のない意見を英治から求められコメントしたポイントは2点。それもとても気になる2点。

  • 挿絵を描くなんて珍しい
  • 女性の翻訳者なんて珍しい
こうして箇条書きにしてみて初めて気がつきました。この2点ともに香澄さんの感想は「珍しい」の一言。そしてこの二つの「珍しい」が香澄さんの中で一つに結びついたのでしょうか。

香澄さんによれば英治には絵描きを諦めた過去がある。言い換えると絵描きになる夢を持っていた。一方で香澄さん、女性の翻訳者は珍しいとの発言。女性として翻訳者デビューするというのは夢みたいなことだったのかも知れません。

安東花子という女性翻訳者の夢が英治の絵描きへの夢を呼び覚ました。「珍しい」つながり、「夢」つながり。実際、女学校を卒業し甲府に帰るはなに英治は「夢を持ち続けて下さい」と言葉を贈りましたが、あの言葉の半分は自分に向けられたものだったのかも知れません。

自分と夫との間にはない「夢」という共有する価値を、見知らぬ女性とは共有しているらしいと香澄さんは察したのか。そして、大切にしまってあったカメオのブローチを取り出して見つめていたのは、あれは何を意味していたのか。

きっとあのカメオのブローチは英治から贈られた思い出の品なのでしょう。その思い出、夫と共有する価値がまだ健在なのかどうか確かめたのかな?真相は来週の後半あたりで郁弥くんの口を通して語られるみたいです。

そして、見舞いに来た英治を「気分がすぐれないから帰ってほしい」と嘘をついて夫を病室に入れなかった香澄さん。カメオのブローチと嘘。本格登場するや謎を二つも残してくれました。

話しかわって村岡印刷の社長にして村岡兄弟の父親、いつの間にかミスタードミンゴに命名。かよちゃんのネーミングセンス、気に入りました。

ミスタードミンゴのはなの褒め方も粋なやり方でしたね。君は田舎に帰ったほうがいいと落としておいて、優秀な編集者になると生意気になるから君は帰ったほうがいい。帰ったほうがいいというのは最大限の褒め言葉。

この褒め上手が変な形で遺伝したのが英治の「馬鹿でもわかる」とか「ナマケモノ」という褒め言葉なのでしょうか。

<<前回79話 | 次回81話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

6 Responses to “花子とアン 80話 病床の妻・香澄を見舞う栄治”

  1. えびすこ より:

    朝ドラや大河ドラマでは登場人物の年齢に触れることがとても少ない(人前で自分の年齢を言うシーンがない)ので、大河では月に1回、朝ドラでは月に2~3回は番組内で主人公などの年齢を言及(ナレーターの口から)してほしいと思います。劇中で中長期的に年月が経過するので、年齢に触れてもいいような気がします。
    年齢にあまり触れないは少し意外なような感じがします。軍師官兵衛では黒田官兵衛は25回時点で既に主役の年齢を超えております。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      朝ドラの場合、女優さんをキレイに見せようという都合もあるのか、極端な老けメイクがないので余計に年齢がわからなくなります。たまに年齢を振り返らないとついてゆけない時があるような気がします。

  2. hublog より:

    コメントありがとうございます。
    はなは今26歳くらいでしょうか。物語は判明している第18週までの年譜をまとめています。後刻アップしますのでどうぞご覧下さい。

  3. 祥子 より:

    ドラマの設定では、英治の奥様は、まもなく亡くなってしまうのでしょうか。

    実際には、亡くなられてから、二人は結婚した?

    心理描写が多くて、3人の表情の演技が光ります。

    この先、苦難を強いられる出来事が待ち受けていますね。はなは、今、何歳くらいなんでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ