花子とアン 81話 校正作業中に居眠りするはな

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年7月2日(水)放送
第14週 第81話 「ゆれる思い」

『花子とアン』第14週 第81回「ゆれる思い」

同僚たちに心配をかけないようにと空元気で仕事を引き受けたはなでしたが、うっかり居眠りしてしまい、引き受けた校正の仕事は半分も終わらすことが出来ないまま朝を迎えてしまいました。

翌朝、出勤してきた同僚たちが手伝ってくれたおかげで、締め切り時間までに校正を辛くも完成。その日の昼休み、落ち込むはなを昼食に誘う醍醐。失恋と仕事は別、明るいはなに戻ってほしいと、はなは醍醐に励まされるのでした。

一方で、英治は郁弥を通して香澄から離縁を言い渡されていました。病院に駆けつけて来た英治に香澄は言いました。「あなたの心には他の女の人がいるわ、私ではない他の女の人がいる。別れて下さい、死ぬのを待たれるのは嫌なの」

兄夫婦の離婚騒動で憂鬱な郁弥はかよに話しを聞いてもらおうとカフェードミンゴにやって来ました。偶然、来店したはなも郁弥の話しを聞いてしまい、失恋の痛手から立ち直りかけていたはなは再び混乱してしまうのでした。


『花子とアン』第14週 第81回 「ゆれる思い」感想

事前発表情報では、新雑誌『にじいろ』創刊号の英治の挿絵を見た香澄さんが「英治の本心」を見抜いてしまうみたいなボカした表現にしてありましたが、まさかここまで鋭く本心を見抜いてしまうとは。

「あなたの心には他の女の人がいるわ、私ではない他の女の人がいる。別れて下さい、死ぬのを待たれるのは嫌なの」

郁弥くんに託した手紙に記したのはたった一文のみ「離婚してください 香澄」この手紙を読んで慌てて病院に駆けつけた英治に放った最初の言葉は「そこに書いた通りです。私と別れて下さい」

取りつく島のまるでないただただ頑なな香澄さん。ここまで強烈な拒絶反応を示すことになろうとは予想を大きく超えてしまいました。最終的に別れることになるのでしょうが、このまま別れたら後味の悪い別れ方になってしまう。

この先、英治と香澄さんのこじれた関係をどうやって収拾するのでしょうか。

話し変わって醍醐さまが素晴らしく頼もしい回でした。修和女学校の先生方の姿こそが仕事に向き合うお手本。いいお手本出しましたね。懐かしいブラックバーン校長先生のご尊顔も拝することが出来て感激です。

そんなお手本を思い出し立ち直ったかと思ったはなでしたが、離婚騒動を聞いてしまいました。ごきげんようさようなら。

<<前回80話 | 次回82話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ