カーネーション 90話 北村に洋装店の見学をさせる

連続テレビ小説(朝ドラ)『カーネーション』
本放送:2012年1月20日(金)放送
再放送:2014年7月18日(金)放送
第16週 第90話 「揺れる心」
花言葉の花「ホテイアオイ」

『カーネーション』第16週 第90回
「揺れる心」あらすじ

ディオールを模した洋服の試作品を周防は次々と仕上げ、糸子はそれを見て心から満足するものの、生地代がかかり過ぎていることが気に入らない北村。激論の末、糸子は北村に現場を見せようと自分の店に連れて行きました。

店には次々と客がやって来て、洋服のことで糸子に様々な注文を付けてきます。サエもやって来てギャザーのいっぱいあるスカートを履きたいと発言。しかし、一人一人に丁寧に対応する糸子を、北村は飽き飽きした表情で眺めています。

その日の夕方。帰ろうとする北村を千代や昌子が強引に引き留めます。しかし、酒が入りすっかり機嫌がよくなった北村は饒舌になって男ばかりの環境で育った身の上を語り、優しくもてなされたことが嬉しくて涙ぐんでしまいます。

翌朝、北村は小原家で満ちたりた表情で目を覚ましました。千代らの手厚い歓待ですっかり毒気を抜かれてしまった北村は、工場にやって来ると自分は女と服はわからないからすべて糸子に任せると、糸子と周防に告げるのでした。


『カーネーション』第16週 第90回
「揺れる心」感想

虚ろな目つきをして帰って来る糸子。熱があるのかと心配する木之元のおっちゃんにムキになって熱なんかない!北村の工場を手伝うのは糸子が指導に来るからと言われ呆けたようになった糸子。今回はこの二人の続きと思いきやジャガイモ北村さんの回でした。

ディオール風の洋服の試作品でしょうか。周防さんが次々と仕上げていて糸子はその出来映えに感激。でも、ジャガイモ北村さんは生地を使い過ぎだと予測する周防さんの言うとおりの結果に。たけを短くしてギャザーをなくせ!

そんなジャガイモ北村さんの襟首をつかんで、こいつに現場を見せるとオハラ洋装店まで引っ張って行く糸子。いつぞや経理の恵さんが、北村さんのアクの強さを案じていましたが糸子にかかってはアクも何もないみたいです。

オハラ洋装店で終日現場見学。面倒くさそうな顔して見てるなと思ったら案の定、感想はたった一言「女は阿呆や」さっさと引き上げようとする北村さんを引き留める千代お母ちゃんと昌ちゃんの強引さが凄い。ほとんど拉致です。

小原家での夕食をあれほど拒んでいた北村さん、酒も入って表情は一転。饒舌になりしゃべるしゃべる。挙げ句の果てに、もてなしの暖かさに感極まったか涙ぐみはじめたりして、こんなジャガイモ親父の心をとろけさせる千代お母ちゃんは最強です。

明くる朝、小原家で炊事の音を聞きながら目を覚ました北村さんの満ち足りた顔の実にいい表情。北村さんの子供時代、お母ちゃんが朝から炊事してくれた頃のことを思い出していたのかも知れません。

ジャガイモだの、こいつだの、北村さんに言いたい放題の糸子ですが、眠っている北村さんのことを気遣い、聡子におっちゃんを起こすなと注意するところが暖かい。

昨晩の心からつくろげた晩酌にはじまり、これほど清々しい朝の目覚めは北村さんにとっても何年ぶりか何十年ぶりかのことかも知れません。見ているだけでいちいち腹立つ親父でしたが、北村さんのこの日の朝のいい顔を見てしまったら、もう悪く思えません。ほだされました。

追記:猛獣トリオはまだピアノを諦めていなかった!帰って来る糸子に土下座してピアノ買って下さいと懇願する三人娘。いつぞや自分も善作お父ちゃんに対して似たようなことをしたのを思い出し、気持ちが変わる・・・かと思ったら「あかんっ!」

絶妙な肩すかしでした。

<<前回89話 | 次回91話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ