カーネーション 92話 糸子と周防の抱擁を見た北村

連続テレビ小説(朝ドラ)『カーネーション』
本放送:2012年1月23日(月)放送
再放送:2014年7月21日(月)放送
第17週 第92話 「隠しきれない恋」
花言葉の花「ジギタリス」

『カーネーション』第17週 第92回
「隠しきれない恋」あらすじ

糸子は周防に抱きしめられる現場を北村に見られてしまいました。大事な開店の日に悪い事をしたと気に病む糸子は北村に謝罪しようとします。周防は、自分が謝っておくと糸子を止めました。浮かない顔をして糸子は家に帰ります。

糸子は周防の気持ちを聞いてからというもの自分のための洋服をつくるようになりました。毎日のように新しい服を縫っては店先にその服を飾らせます。そんなある日、三浦から呼び出された糸子は組合の事務所に足を運びました。

三浦によれば、北村が糸子と周防の二人に金を巻き上げられたとの噂が組合の中で広まっている由。そして噂を広めたのは北村本人で、北村は糸子に惚れていたと三浦は糸子に告げ、糸子を驚かせます。

一方の周防も糸子とのことは遊びでなく本気で惚れていると三浦は続けます。しかし周防には原爆の後遺症に苦しむ妻がいるため別れるわけにはゆかないのでした。糸子が周防の気持ちを知ったその時、周防本人が事務所に姿を現しました。


『カーネーション』第17週 第92回
「隠しきれない恋」感想

周防さんが糸子を抱きしめる現場を見てしまった北村さんも糸子に惚れていた!北村さんが急に素直になったのは千代お母ちゃんに毒気を抜かれたというよりも、糸子に惚れてしまって毒気が消えてしまったのかも知れません。

しかし北村さんは失恋。糸子と周防さんは北村さんを陥れようとかそんな悪意は微塵もありませんでしたが、男ばかりの環境で育った北村さんは失恋の痛手の免疫がなかったようで、糸子と周防さんの二人に悪意を感じてしまったようです。

糸子と周防さんが組んで北村さんの金を巻き上げた・・・そんな噂を流すなんていくらなんでも酷過ぎると思うのですが、どういうわけか三浦さんはそんな北村のことを咎めるどころか「哀れ」と言う。悪質な噂を流してもなお三浦さんに「哀れ」と言わしめる北村さん、どんな「哀れ」な境遇を抱えているのか。

北村さんと周防さんの言い分を聞く限り、周防さんの言っていることに分がありそうだと三浦さん。それでも尚、北村さんを一切責めることなく「哀れ」だと同情してしまうのは何故?またそんな北村さんに同情せざるを得ないほどの何かを、三浦さんも抱えているのでしょうか。

<<前回91話 | 次回93話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ