カーネーション 95話 奈津は嫁入りし安岡家を出る

連続テレビ小説(朝ドラ)『カーネーション』
本放送:2012年1月26日(木)放送
再放送:2014年7月24日(木)放送
第17週 第95話 「隠しきれない恋」
花言葉の花「ジギタリス」

『カーネーション』第17週 第95回
「隠しきれない恋」あらすじ

安岡美容室の前で奈津を待っていた中年男性が糸子の店に姿を現しました。桜井という名のその男は、奈津と結婚式を挙げる時に着る燕尾服とウェディングドレスの注文をしにやって来たのです。

奈津の過去をすべて聞いているのかと問う糸子に、桜井は過去を承知の上で奈津を幸せにしてあげたいと糸子に告げます。桜井の決意を聞かされた糸子は涙ながらに「おおきに、よろしゅうお願いします」と言い深々と頭を下げました。

ウェディングドレスを着たがらない奈津には内緒で、糸子は玉枝や八重子と口裏を合わせながらドレスづくりをすすめます。周防は桜井の燕尾服を、そして糸子は奈津のドレスをそれぞれ完成。

そして嫁入りする奈津が安岡美容室を出て行く日が来ました。玉枝と八重子の礼を言うと、奈津は桜井に連れられて旅立ってゆきました。そんなある日、店に来た電話をとった会計の恵の顔色がみるみる変わってゆくのでした。恵「噂?」


『カーネーション』第17週 第95回
「隠しきれない恋」感想

どこで出会ったかは語られませんでしたが、安岡美容室で傷ついた心を癒された奈津はついに幸福をつかみました。奈津を待っていた怪しい中年男は実は奈津の恋人にして婚約者。

奈津の過去についても「わしも大人だからある程度のことは聞かなくてもわかる、幸せにしてあげたい」と。しかも「こんな年で似合わない」と着用を拒むウェディングドレスを「どないかして着せてあげたい」・・・どこまで優しい人なのか。

糸子、まるで奈津の親みたいに「おおきに、よろしゅうお願いします」。奈津の幸せに涙を流すものの、本人の前では相変わらずの突っ張り合い。奈津の出発の時も、周防に隠れて涙を見られないようにする糸子、強情ですね。

奈津のウェディングドレスをつくるのに採寸が必要。でも内緒でつくってほしいという桜井さんからのミッション。奈津の制服をわざと汚し手に入れることに。玉枝おばちゃんと八重子さんの見え見え芝居が笑えます。

制服だけでは把握しきれない部分は糸子がスパイ。パーマをあててもらいつつ奈津の身体を観察したりしながらデザインを詰めてゆくワクワク感がたまりません。そして完成。「ごっつい自信作」

そして、奈津の出発の日。数日前に太郎君が不機嫌そうな様子で帰宅したことがありましたが、その理由が今回わかりました。太郎君、奈津さんに恋していたんですね。奈津の出発を見送れない太郎君。

かつて奈津も、太郎君のお父ちゃんをこんなふうに見送ったことがありましたね。太郎君、ちょっと可愛そうな気もしますが立ち直ってほしいものです。奈津のように長年引きずりませんように。

「すべてがうまくゆく、幸せ過ぎて心配になる」と糸子。「忘れた頃に足元すくわれるんちゃうか」という取り越し苦労が現実のものとなりそうです。会計の恵さん、電話をとったら顔色を変えて「噂?」

<<前回94話 | 次回96話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ