花子とアン 82話 英治の離婚話を聞きはな混乱

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年7月3日(木)放送
第14週 第82話 「ゆれる思い」

『花子とアン』第14週 第82回「ゆれる思い」

ある日はなは、カフェーで会った郁弥から英治の妻・香澄が英治に離婚話しを切り出している事実を聞かされ、ますます混乱。酔いつぶれた郁弥を迎えに来た英治に離婚しないで下さいと思わず言ってしまいます。

そんな中、宇田川が聡文堂に文句を言いに来ました。すでに発売されている『にじいろ』創刊号が、自分の手元に届いていないと言うのです。宇田川に創刊号を届け忘れていたことに気づいたはなは顔面蒼白になってしまいます。

一方、福岡の嘉納邸には東京から蓮子宛てに手紙が届きました。女中頭のタミはその手紙を勝手に開封、手紙を読み何かを企みはじめたタミは、東京に行きたいと伝助に願い出る蓮子に加勢。そんなタミを蓮子は怪しみます。

機嫌を直して連載の打ち合わせに聡文堂に来た宇田川。雨が降り出したので貸してくれと宇田川が手にとった傘は、はなの思い出の傘。傘を貸すのを渋ったはなは宇田川を激怒させ担当を降ろされてしまいます。その夜、落ち込むはなにかよは故郷への帰省を勧めるのでした。


『花子とアン』第14週 第82回 「ゆれる思い」感想

公正作業中の居眠りに懲りず失敗続きのはな。『にじいろ』の届け忘れはやる気を疑わずにはいられないミスでしたが、傘の一件は気の毒。「これだけは持って行かんでくりょ」と懇願するか細い声が痛々しい。

しかし失敗は失敗。ただでさえ梶原さんに「二度と言わないぞ」と前置きつきで「仕事の失敗は仕事で返せ」と、仕事の失敗をおおめに見てもらったばかり。梶原さんの恩を仇で返すことになってしまいました。

「しばらく会社に出て来なくていい、抜け殻みたいな奴はうちにはいらない」と厳しいながらも、忘れ物だと『王子と乞食』の原書を手渡す梶原さんの優しい表情に人の上に立つ男の雅量を感じました。

窮地に陥ってすっかりまいってしまった姉に妹が優しい。修和女学校に助けを求めに来た妹が今では姉よりしっかり者に。

「甲府に帰れし。つらくてつらくてどうしようもねえ時は逃げたっていいと思うだ。おかあのほうとう食えばきっと元気になるさ」と言うかよちゃんの確信に満ちた表情と、はなの「抜け殻」みたいな表情のコントラストが見事でした。

<<前回81話 | 次回83話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 82話 英治の離婚話を聞きはな混乱”

  1. 通りすがりの花子 より:

    リトルはなにおぶってもらってたのは、ももでは?

    • hublog より:

      ご指摘ありがとうございました。
      勘違いしていました。早速訂正させて頂きました。
      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ