花子とアン 85話 朝市と武が葡萄酒販売で上京

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年7月7日(月)放送
第15週 第85話 「最高のクリスマス」

『花子とアン』第15週 第85回「最高のクリスマス」

大正8年(1919年)12月、はなは東京に戻り出版社の仕事に励んでいました。そんなある日、カフェードミンゴに武と朝市が訪ねて来ました。武が甲州産の葡萄酒を東京に売り込みのため、朝市はそのお供のための上京です。

朝市が武に同行して来たのは、恋に破れ傷心のはなを案じて様子を見るためでもありました。しかしその頃、朝市の心配をよそにはなは宇田川の小説『銀河の乙女』の単行本化の仕事に没頭。その様子を見て朝市は安心します。

そんな中、小説『銀河の乙女』の単行本化にあたり、宇田川は単行本の挿絵を英治にお願いしたいと言い始めます。その頃、英治は妻の香澄を亡くして約半年が経ち、父の平祐から見合いをすすめられていました。

宇田川の単行本化の担当に任命されたはなと醍醐は二人で村岡印刷を訪問。宇田川が自作の単行本の挿絵に英治の絵を希望していることを告げるはなと醍醐。しかし、英治はその仕事をあっさりと断るのでした。


『花子とアン』第15週 第85回 「最高のクリスマス」感想

今回はいろんな人が次から次へと出て来て慌ただしい回でした。おのぼりさんであることを隠しながらも朝市くん以上におのぼりさん丸出しの武。相変わらず頼りない子ですが「お父様」と父親を心から尊敬しているところは立派です。

そういえば武とかよちゃんは面識がなかったんですね。ももちゃんとはお茶会で同席しましたが、確かにかよちゃんとは接点がなかったような。あっても、成長したかよちゃんに気がつかなかったのか。

宇田川さんもわかりやすい人ですね。新たな連載はきっぱり断りながらも単行本のオファーにはいとも簡単に食いついてくる。はなが宇田川さんを上手に操れるようになったということでしょうか。

さて、さりげなく香澄さんが亡くっていました。香澄さんの亡くなる場面を描かない奥床しい演出、いいですね。でもあまりにもあっさりと香澄さんの死を通過してしまってちょっと気の毒な気もします。

英治といい郁弥くんといい、香澄さんの死をあれほどまでに悲しんでいるのだから、二人の悲しみ相応にもうちょっと香澄さんの最期に向き合ってほしかったような気もします。

<<前回84話 | 次回86話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 85話 朝市と武が葡萄酒販売で上京”

  1. 祥子 より:

    今日のNHKスタパに、宇田川役の山田真歩さんと、郁弥役の町田くんが出演。役を離れても、個性豊かなお二人の即ファンになってしまいました。
    山田真歩さんは、すっごく可愛い女性だし。
    放送中にスタジオに、村岡郁弥の実のお孫さんからメッセージが届いたりと楽しい番組でした。

    • hublog より:

      コメントありがとうございました。
      山田真歩さんの素顔を拝見したかったのですが、残念ながら見ることが出来ませんでした。山田真歩さんは女優になる前は本物の編集者だったようですね。その経験が役作りに活かされているとか。はなみたいにふりまわされたのでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ