花子とアン 86話 挿絵の仕事を引き受ける英治

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年7月8日(火)放送
第15週 第86話 「最高のクリスマス」

『花子とアン』第15週 第86回「最高のクリスマス」

宇田川の小説『銀河の乙女』の挿絵を頼んだものの、挿絵は本職でないことを理由に、英治からきっぱりと断られてしまうはなと醍醐。英治を必ず口説き落とすよう宇田川に言われ、策もないままはなは引き受けてしまいました。

英治に挿絵を描いてもらうための作戦をはなは醍醐とともに練り始めます。はなと醍醐が知恵を出し合っていると、その話しを聞いていた平祐が英治の説得を引き受けてくれることに。平祐は社長命令だと言って英治に挿絵の仕事を命じます。

翌日、はなと醍醐は村岡印刷を訪問。結局挿絵を描くことになった英治を訝しむ郁弥は一人事務所に残り、亡き香澄の形見のカメオを小箱から取り出すとじっと見つめます。郁弥は英治に何かを隠しているようです。

そんなある日、はなと蓮子がカフェーで再会。伝助が芸者遊びをしている間に、はなに会わせたい人がいると蓮子。しかし、そこに伝助が姿を現し蓮子が顔面蒼白となっているその時、龍一がやって来てしまいました。


『花子とアン』第15週 第86回 「最高のクリスマス」感想

宇田川の単行本の挿絵を断る英治。断ったのは挿絵が本職ではないからともっともらしい理由。でも『王子と乞食』の挿絵を引き受けたのは「あの挿絵だけは書きたかった」これを言った瞬間、はなの表情に動揺が走ったと思ったのは気のせい?

いつになく機嫌が悪そうなミスタードミンゴ。朝市と武のおのぼりさん二人組がうるさかったのか、それとも他に何か事情があったのか。でも、その機嫌の悪さで結果としてはなと醍醐は救われましたね。

村岡印刷に毎日通い詰めようと意気込むはなと醍醐に恐れをなしたのか、毎日来られては迷惑だと英治の説得を引き受けるミスタードミンゴ。会社に戻ると説得ではなくたった一言「社長命令だ!」

社長命令とは言えすんなりと挿絵を引き受けた英治。郁弥くんが鋭いツッコミを入れました。断ればよかった、引き受けたのは安東さんの頼みだからかと。郁弥くん、何かを知ってそうな顔をしてましたね。

郁弥くんのツッコミに何も応えず出て行った英治。一人事務所に残った郁弥くんが机の引き出しから取り出したのは、亡き香澄さんが病室で眺めていたカメオのブローチ。このブローチに香澄さんのある想いが込められているとか。

今日の段階ではまだ明らかにはなっていませんが、一体どんな想いが込められ、その想いを英治はどう受け止め、どう反応するのか。とても気になります。

さて、蓮さまが登場。紹介したい人がいると言われたはな、蓮さまの道ならぬ恋に動揺。そこへ「はなちゃん!」とまさかの伝助さん登場。そして龍一も登場し、週前半から修羅場突入です。

追記:「はなちゃん!」の伝助さんの嬉しそうな顔。この二人はウマが合うみたいですね。

<<前回85話 | 次回87話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ