花子とアン 87話 蓮子と龍一の前に伝助が登場

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年7月9日(水)放送
第15週 第87話 「最高のクリスマス」

『花子とアン』第15週 第87回「最高のクリスマス」あらすじ、ネタバレ

蓮子がはなに龍一を紹介しようと上京してきましたが、はなとの待ち合わせ場所のカフェードミンゴに蓮子を追って来た伝助が姿を現しました。伝助は料亭での接待までの空き時間を使ってやって来た言います。

龍一が蓮子らの様子を窺う中、伝助は高価なティアラを蓮子に贈ると、その日はカフェードミンゴで食事をすることに。一番高い酒と一番高い料理を注文し、他の客たちにも酒を振る舞う伝助。龍一はその場を立ち去ってしまいました。

一方で、英治の挿絵の出来映えに宇田川は不服。宇田川から描き直しを求められた英治のためにはなは資料を作成。描き直しをはじめる英治に、郁弥は兄の再婚には賛成だがはなとの再婚だけはやめてほしいと言い出します。

そんな中、はなは蓮子から言われた「村岡こそがたった一人の巡り会うべき人ではなかったか」という言葉を思い返していました。そこにかよが「武がいなくなった。自分には武が必要だ」と切羽詰まった様子で駆け込んで来るのでした。


『花子とアン』第15週 第87回 「最高のクリスマス」感想

福岡の嘉納邸だといつも蓮さまが不憫に見えてくるものの、今回カフェードミンゴで蓮さまと伝助さんが対峙した時にはどういうわけか一方的に責め立てられるばかりの伝助さんが気の毒に見えました。

蓮さま視点でこれまでの伝助さんは粗野な田舎の男にしか見えないような演出をされていました。でも、はな視点での子供の頃の純朴さを残した愛嬌のある男、かよちゃん視点でのチップをはずんでくれる気前のいい男という複数の視点が追加。

今回は一気に三つの視点から伝助さんを見ることになり、粗野とか成金とかひと言ふた言では片付けられない人間として奥行きのある伝助さんが、それでも粗野とか成金とかいう紋切り型の台詞で蓮さまに斬って捨てられるのは見るに忍びない。

そんな伝助さんの前では、ふてくされたのか出て行ってしまった龍一くんの態度も、ちょっと子供じみて見えました。

話し変わって郁弥くんが衝撃発言。英治に対して再婚には反対はしない。でも安東さんだけはやめてほしい。それでは姉さんがあまりに可哀想!?英治の心の中には自分ではない女の人がいると語っていた生前の香澄さん。

そんな気持ちを郁弥くんは察したのか、それともその言葉をズバリ香澄さんから聞かされたのか。自分以外の女の人が夫の心の中にいるようだと勘づいた頃に香澄さんがじっと見つめていたカメオのブローチ。

前回そのブローチを郁弥くんは見つめながら生前の香澄さんの孤独に想いを馳せていたのでしょうか。あのブローチに込められた秘密が気になってしかたありません。

追記:かよちゃん、武が自分には必要だって何?武だけはやめてください(笑)

<<前回86話 | 次回88話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ