花子とアン 89話 初めて対面する朝市と英治

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年7月11日(金)放送
第15週 第89話 「最高のクリスマス」

『花子とアン』第15週 第89回「最高のクリスマス」

クリスマスパーティーが終った後も店に残る朝市と英治。はなの破れた恋の相手が英治であることに気付いた朝市は、はなが甲府で辞書を捨てようとしたこと、その時のはなは今まで見た事もないような悲しい目をしていたと語る朝市。

はなの気持ちを受け取ってやってほしい、はなと一緒になるのは英治でなければならないといつになく強い口調で言い切り朝市。翌朝、すっきりした表情の朝市は、はなには会わず武とともに甲府に帰って行きました。

酔い潰れて眠っていたため朝市と英治の会話を何も知らないはなは、パーティー翌日に郁弥から一部始終を聞かされました。亡き義姉を思うと英治とはなが一緒になることが許せないと告げる郁弥。はなも英治への気持ちはもう捨てたと応えます。

その頃、英治は徹夜仕事で宇田川の小説の挿絵を完成。仕上がった挿絵を見て醍醐は思わず「これははなさんよね」と口にします。英治の心の中にいた『銀河の乙女』は想像の翼をひろげるはなとそっくりな姿で描かれているのでした。


『花子とアン』第15週 第89回 「最高のクリスマス」感想

「あんたに言っておきてえことがある」喧嘩を売るような勢いで話しを切り出した朝市くんのはなを思う言葉が胸に突き刺さります。「おらが見たこともないような悲しい目をしていた」「あの辞書をくれたあんたを必死に忘れようとしていた」

はなの心の中を代弁する朝市くん。英治に聞かせているうちにきっと甲府で辞書を捨てるはなを止めに入ったあの時の感情が蘇ってきたのではないでしょうか。辛そうな朝市くんの表情が見る者の胸を締め付けます。

「明るいはなに戻ったように見えるが昔の屈託のないはなでない、はなはもうおらの知らないはなになってしまった」

この言葉は、子供の頃からずっとはなを見守って来た朝市くんにしか言えない言葉。ここまで言いきれる朝市くんに英治は「そんなに言うならあなたが彼女と結ばれるべきだ」ともっともな反論。

その反論に「まだわからんか、あんたじゃななきゃ駄目だ!」と言い切った朝市くん。言いたいことをすべて言った満足感のある反面「ぼこの頃からはなはずっとおらのそばにいた、おらの嫁さんになってほしかった」という願望も砕け散ったはず。

「嫁さんになってほしかった」という子供の頃からの願望を封印した朝市くんにここまで言わせた英治。朝市の心意気が無駄にならない行動をとってほしいものですが、郁弥くんが柔和な笑みを浮かべながら鉄壁のように立ちはだかりはじめました。

今回、聖人レベルの朝市くんの影に隠れてしまった醍醐さまの活躍も見逃せません。『銀河の乙女』の挿絵に行き詰まる英治に「誰の心の中にも銀河の乙女がいる」となかば煽りのアドバイス。

その言葉を思い出しながら自分の心の中にいる銀河の乙女を描いた英治。その銀河の乙女は想像の翼をひろげるはなだった。こんな結果になることを確信していた醍醐さまの私心のないはなを思う気持ちも朝市くんに負けず劣らず素晴らしい。

<<前回88話 | 次回90話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 89話 初めて対面する朝市と英治”

  1. くむ より:

    毎日とても楽しみに読ませて貰っています。今後の展開が本当に楽しみですね。頑張って下さい。応援しています。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。とても励みになります!
      後半に入りいよいよ目が離せなくなってきましたね。あと2ヶ月半ほどですが最終回までよろしくお願い致します!

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ