花子とアン 90話 英治の亡き妻・香澄の思い

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年7月12日(土)放送
第15週 第90話 「最高のクリスマス」

『花子とアン』第15週 第90回「最高のクリスマス」

宇田川の小説『銀河の乙女』の挿絵をようやく完成させた英治。はなはその挿絵に感動するものの、『銀河の乙女』の挿絵は想像のツバサをひろげているはなの姿だと言い出す醍醐にはなは驚かされます。

その挿絵を見た郁弥はある決断を下します。伝えられずにいた「自分のことは引きずらずに誰かと一緒に生きてほしい」という香澄の思いを英治に伝え、その「誰か」に渡してほしいと香澄から託されていたカメオを手渡すのでした。

一方、福岡に戻っていた蓮子は待ちわびていた龍一からの手紙を受け取りました。その手紙は龍一が一方的に蓮子に別れを告げる内容。激しく動揺する蓮子は、伝助に離縁を懇願、自分を自由にしてほしいと訴え始めます。

聡文堂に来た宇田川は新たに完成した挿絵の出来映えに納得。安堵したはなは帰宅の途上、英治から大事な話しがあると声をかけられます。はなの家で英治は、はなにプロポーズしました。はなもよろしくお願いしますと応えるのでした。


『花子とアン』第15週 第90回 「最高のクリスマス」感想

英治の心の中には自分以外の女の人がいる。香澄さんに最期にこんなことを言われてしまっては、その後、この言葉に縛られて相手がはなでなくても英治は再婚しようにもしにくくなるのではないかと心配していました。

しかし「あの人優しいから私のこと引きずって一人で生きて行こうとする、それでは安心して天国へ行けない、私に縛られずに誰かと一緒に生きていってほしい」と、その縛りから解き放ってくれる言葉を遺してくれていた香澄さん。

これでようやくすべてが丸く収まりました。今回のエンディング直前のプロポーズ、かよちゃんが相変わらず姉よりも姉らしい良い働きをしてくれました。あのタイミングで「お姉やんのこと幸せにしてやってくれちゃ」がなければ、英治のプロポーズは無効になっていたかも。

気を遣って外出しようとするかよちゃんを、はなも英治も揃って引き留めたのは正解でした。引き留めた時は何故わざわざ?と思いましたが、このためだったのかと納得。はながすんなり求婚を受けては遠慮なさ過ぎと突っ込まれかねないですし。

はなと英治が結ばれるまでもうひと悶着あるようですが、次の騒動は二人の間というより外野で騒動が発生。ここ数週間の騒動と比べたら安心して見ていられるレベルのようです。

しかし、次は蓮さまが大事件を引き起こします。「白蓮事件」と呼ばれる騒動がこの先しばらく続きそうです。『花子とアン』前半はゆったり過ぎるくらいゆったり物語が進行してきましたが、後半は息つく暇もありません。

<<前回89話 | 次回91話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “花子とアン 90話 英治の亡き妻・香澄の思い”

  1. あめちゃん より:

    実際には前妻さんは亡くなる前に離縁されてお子さんも村岡さんのお兄さんに引き取られてます。前妻さんは本当に幸の薄い悲しい女性だったよう。「アンのゆりかご」でこのあたりさっとしか描かれてなかったので、郁哉くんが香澄さんを気遣って英治もちゃんと愛情を持っていた、という演出は、私は見ていて嬉しかったです。さすがにお子さんのことを出す余裕はなかったようですが。
    話は変わりますが、かよちゃんの甲府弁、めちゃくちゃ可愛いですね。~してくれちゃ。に毎回きゅんとします(笑)郁哉くんが惚れるのも納得。…悲しい結末なのは知っているのだけど、この二人の幸せそうな姿を少しでもたくさん見たいです。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      郁弥くんから香澄さんのブローチを渡された時の英治の涙を見ることができたので、その後の結婚までの展開を安心して見ていられました。原案通りの話しの運びでなく正直ほっとしました。原案の前妻の薄幸ぶり、切な過ぎますからね。

  2. ※※久代 より:

    英治の弟の郁弥がまさかはなと英治事をあんなに反対するとは思いませんでした。はなは英治を好きになったときは英治に奥さんがいるなんてしらなかったので郁弥がはなの事を責めるのも筋違いだしかよちゃんもその事は知ってるので郁弥にどうしてはなをせめるような事言わないでくれと言ってほしかったです。はなが郁弥に英治を好きな気持ちは甲州の山へ捨ててきたと言った時は私は見ていて自然と涙がでました。でもなにはともあれ英治とはなが無事にと結ばれて良かったです。英治のプロポーズの言葉も感動しました。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      これは僕の憶測なんですが、郁哉くんは香澄さんに横恋慕に近い感情を抱いていたんじゃないかと思っていました。それ故、香澄さんへの同情心を自分は夫である英治以上に持っているという思い込みから、はなが許せなかった。でも、今回の英治の涙を見て、香澄さんへの愛情はやっぱり英治にかなわないと気づいたみたいですね。何はともあれ、静かで優しいプロポーズに感動しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ