花子とアン 92話 甲府で結婚式を挙げる二人

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年7月15日(火)放送
第16週 第92話 「あなたがいる限り」

『花子とアン』第16週 第92回「あなたがいる限り」

はなと英治の結婚式は甲府で挙げることになりました。はなの結婚式に出席するため、かよとももも久しぶりに実家に戻り三姉妹が顔を揃えました。借金を背負わせてしまったことを両親に詫びるかよに、吉平とふじは気にせぬよう告げました。

平祐と郁弥も到着し森牧師の司会で和やかに式がはじまったものの、家に入って夫を支える嫁を迎えたいと平祐が二人の結婚に異議を唱えます。起った吉平もこんな古くさい舅に娘を嫁がせたくないと反論。

混乱に乗じて武やリンまでもが二人の結婚に異議を唱え始め、めでたい筈の結婚式の席が喧々諤々の議論の場と化す中、朝市が機転をきかせて「異議なし!」と一喝。朝市に同調する者が次々現れ、吉平と平祐も最後は異議を撤回しました。

結婚の誓約で、はなと英治の申し入れにより「はな」の名前は「花子」と改められました。「誓約して頂きます、安東花子を妻として・・・」祝言の後、かよとももは、こんな本を二人でつくってほしいと『おやゆび姫』を英治と花子に贈るのでした。


『花子とアン』第16週 第92回 「あなたがいる限り」
 感想

「異議なし!」

はなを幸福にしてやってくれとあの朝市くんに言わせてしまった英治、息子も息子なら父親も父親。今度も、朝市くんに「異議なし!」と言わせてしまうとは。誰よりも異議があったのは他ならぬ朝市くんのはず。その朝市くんに言わせるとは・・・。

朝市くんの寂しさと満足げな表情が入り交じったようななんとも複雑な表情を見ているのは実に胸が痛む作業でした。その朝市くんの挙動をひそかに見守っていたももちゃん、まだ朝市くんへの気持ちは消えてないように見えたのは気のせい?

ももちゃん、ゆくゆくは過酷な北海道の開拓生活に疲れ果て戻って来るみたいですが、今日見た限りでは元気そう。もっとやつれて登場するのかとばかり思ってました。それよりも、まだ朝市くんに未練が残ってそうな表情がむしろ気になります。

このタイミングでももちゃんを再登場させたので、8月放送回あたりでももちゃんの新たな動きがあるかも知れませんね。一方で、朝市くんも8月放送回あたりで幸福をつかんでほしいものです。「朝市くん、あなたにも神の祝福がありますように」

話しが前後しますが、思えばかよちゃんは製糸工場に奉公に出て以来の甲府の実家。東京のはなのもとに逃げたっきり、甲府に戻っていなかったのを今日はじめて気がつきました。両親に借金を背負わせてしまったことを苦ににしていたようです。

でも、ふじおかあが、かよの仕送りは使わずに嫁ぐ時にすべて持たせようとしていることを吉平おとうから知らされ、少しは肩の荷が降りたでしょうか。次はかよちゃんの番かなと素直に喜びたいところですが、悲しい運命がこの先待っているようです。

<<前回91話 | 次回93話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ