花子とアン 93話 花子妊娠、蓮子と龍一再会

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年7月16日(水)放送
第16週 第93話 「あなたがいる限り」

『花子とアン』第16週 第93回「あなたがいる限り」
 あらすじ、ネタバレ

1921年(大正10年)夏。甲府での結婚式から一年半ほど経った頃、はなは名前を村岡花子と改め英治に家事を手伝ってもらいながら『王子と乞食』翻訳の仕事に励む日々。その頃、花子は臨月を迎えていました。

吉平は生まれて来る子供の名前を手紙に書き連ねて送って来ましたがすべて女の子の名前ばかり。一方の平祐は村岡家の跡継ぎとなる男の子が望み。そして、相変わらず花子が仕事をすることには反対です。

その頃、蓮子はすべてを捨て去って龍一とともに生きてゆく決意を手紙に記し龍一に送りました。その手紙を読んだ龍一は、蓮子の本当の気持ちを知るために福岡まで駆けつけ、二人は駆け落ちすることを企てはじめます。

ほどなくして蓮子は伝助とともにお産が近い花子を訪問。蓮子は初めてのお産に怯える花子を励まします。伝助は花子の腹に手を当て安産祈願。子供が生まれたら再び上京すると言う蓮子が駆け落ちを計画していることなど夢にも思わぬ花子でした。


『花子とアン』第16週 第93回 「あなたがいる限り」
 感想

安東花子。

名前も変わり、髪型も変わり、生活環境も変わり、新しいドラマがスタートしたみたいで新鮮。家事をする英治、素顔のミスタードミンゴ、キャラクターもこれまでにない面が見れて新鮮さが増幅されてましたね。

新鮮といえば伝助さんの「安産祈願をしちゃる、これで安産間違いなし」には驚かされました。外に女がいるからと蓮さまに嫌みを言われても「男の甲斐性たい」とちょっと照れくさげに答える伝助さん、花子の前だと可愛くなるから不思議です。

そんな新鮮さを満喫したその一方で、蓮さまと龍一くんが超えてはならない一線を超える準備をはじめました。「逃げましょう、そして二人で暮らしましょう」と龍一くん。いきなりすごと言い出すなとびっくりしましたが、決して思いつきで言ってるわけでなく計画性のある発言のようです。

「今すぐにというわけにはゆかない、準備が必要だ。もう少し我慢して下さい」

そんなやりとりの直後に蓮さま、伝助さんと上京。事前発表情報でもこのタイミングでの上京は知らされていなかったので、嘉納夫妻が花子の家にやって来た時は正直驚きました。

でも、赤ちゃんが生まれたらすぐに連絡をくれと言う蓮さま。龍一くんとの秘密の計画上での行動かも知れません。今回の上京といい、連絡をくれと花子に頼むところといい。

また、ネタバレになりますが、伝助さんは再び村岡家にやって来ることになりますが、再来訪の時の唐突感をなくすためのクッションも兼ねているのかも知れません。今回の来訪は。

というわけで、花子と英治は落ち着いたものの、次の騒動がいよいよ始まりました。

<<前回92話 | 次回94話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ