花子とアン 95話 蓮子の行動を不審がる伝助

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年7月18日(金)放送
第16週 第95話 「あなたがいる限り」

『花子とアン』第16週 第95回「あなたがいる限り」

花子の子供に会うという目的で、蓮子は伝助とともに上京。伝助が一人で出かけた隙に龍一との駆け落ちを決行するつもりでいる蓮子は、そのタイミングが来るのをじっと待っていました。

その頃、会いに来ると言っていたにも関わらずいつまでも顔を出さない蓮子を待ちわびる花子。英治のすすめで花子は福岡の嘉納家に電話をします。花子からの電話を受けた女中頭のタミは、蓮子の行動を不審に思い始めるのでした。

伝助が出かけるのを待ち続ける蓮子。しかし、仕事がキャンセルになった伝助は自分も花子に会いに行きたい、皆で牛鍋を食べに行こうと言い出します。その頃、龍一は待ち合わせ場所のカフェーで蓮子の到着を待ち続けていました。

蓮子が駆け落ちを諦めかけたその時、伝助に会食の申し込みが入りました。止むを得ず会食に出ることになった伝助に改まって「ありがとうございました」と頭を下げると、蓮子は龍一のもとに走り始めるのでした。


『花子とアン』第16週 第95回 「あなたがいる限り」感想

本当は自由をつかむことが出来た蓮さまを祝福すべき回なのでしょうか、それよりも伝助さんが気の毒に思えてなりません。

伝助さんの残念な一面が全開の時に蓮さまがこの計画を決行していればきっと蓮さまを祝福する気持ちも起きたのでしょうが、花子がからむとお茶目な一面が全開になってしまう伝助さん。

自分もはなちゃんのところに行きたい、一緒に牛鍋を食べたいと言い始めた時点でお茶目な一面が全開しはじめていました。伝助さんは「はなちゃん」の言葉を口にするだけで急に気さくで憎めない田舎紳士になってしまいますからね。

今回もお気に入りのはなちゃんたちと牛鍋屋に繰り出し、無邪気にはしゃぐ伝助さんの姿をありありと想像してしまったので、その楽しみが奪われてしまったことに同情してしまったのかも。

また今回の冒頭で花子へのお祝いを嬉しそうに見つめる伝助さんの姿を登場させ、終わりのほうではそのお祝いが風呂敷に包まれたまま置き去りにされるのを見つける伝助さんの姿を見せる。

この対比がよけいに伝助さんを気の毒に思わせてしまったのかも知れません。

とは言え蓮さまを責める気にもなりません。龍一くんを責めようとも思いません。でも、龍一くんの仲間たち。彼らは実に嫌な感じがします。蓮さま、龍一くん、そして伝助さんの気持ちになど一切心を配らず、悪意に満ちた不敵な笑顔。

正義を声高に主張する類いの人間というのは独善に陥ると本当に恐ろしいものです。吉太郎くんの職業は物語上悪役に属するのでしょうが、今回ばかりは龍一くんの仲間たちを吉太郎くんにしょっぴいてほしいと思ってしまいました。

<<前回94話 | 次回96話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

6 Responses to “花子とアン 95話 蓮子の行動を不審がる伝助”

  1. さや より:

    わたしも、伝助さんが皆を連れて牛鍋を食べているシーンが見たかったので、蓮子様の行動は残念でした(´・ω・`) あんな頼りなさそうな宮本青年のどこがいいんだ~(>_<)

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。伝助さんがお気に入りの「はなちゃん」や皆を引き連れ、恐らく牛鍋屋の他のお客さんたちも巻き込んで大騒ぎをしていたら、きっと愛らしい伝助さんを堪能できたでしょう。本当に残念でなりません。
      龍一くん、伝助さんに完全に食われてしまってますね。もっと頑張ってもらいたいものですね。

  2. りこちぃ より:

    副音声、チェックされてますか。今日初めて美輪さんの「ごきげんよう、さようなら」が聞かれませんでしたが、代わりに?解説放送の方が、ごきげんよう、さようならとおっしゃって下さるサプライズが!字幕と副音声は必須です。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      ご指摘頂きはじめて気がつきました。見直してみたのですが美輪さんの「ごきげんよう、さようなら」がない!実に心憎い演出でしたね。でも鈍な上に「愛の讃歌」に圧倒されてせっかくの演出に気がつかず、演出を手がけられた方には失礼なことをしてしまいました。改めて、見落としのご指摘ありがとうございました。今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

  3. 祥子 より:

    今日ばかりは、このドラマは白蓮物語なのかと、錯覚するばかりの演出でした。ナレーションの美輪さんの愛の讃歌が流れ、二人のシーン。
    これが、なぜ花子と村岡さんではないのか不思議です。主人公二人のクライマックスはまだなのでしょうかね。美輪さんの歌がまた聞けますでしょうか。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      ダブルヒロインと言われるだけのことはあって、ヒロイン並み扱いの濃密な演出でしたね。蓮さまと龍一くんの二人の波乱万丈の物語、少なくとも8月上旬まで続くような気がします。
      主人公のクライマックスはその後になりそうですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ