花子とアン 97話 蓮子の絶縁状が新聞に掲載

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年7月21日(月)放送
第17週 第97話 「腹心の友ふたたび」

『花子とアン』第17週 第97回「腹心の友ふたたび」

蓮子の記した絶縁状が何故か新聞に掲載。しかも記事には友人の家に行くと偽って」と記されており「友人」の花子はショックで言葉を失います。その頃、事件を知った晶貴は葉山家の名前を汚されたと激昂、蓮子を必ず連れ戻せと部下に厳命。

一方、絶縁状が新聞に掲載されたのは仲間が「革命のために」新聞社に渡したためであると知った龍一は激怒。同じ頃、甲府のふじや朝市が蓮子の騒動に胸を痛め、吉平は石炭王が何倍もの力で仕返しすることを案じていました。

そんな中、新聞記者たちが蓮子のことを聞き出そうと村岡家にも押し掛けてきました。吉太郎の一喝により新聞記者たちは退散したものの、吉太郎が心配した通り新聞記者たちはカフェードミンゴに押し掛けかよや宇田川に取材を試みます。

福岡の嘉納邸では、新聞で絶縁状を公開された怒り心頭の伝助が新聞記者をすぐに呼ぶように女中のタミに命令。伝助は「こっちもあの女に反論するたい」と、蓮子の絶縁状に対して反撃を加えようと行動しはじめるのでした。


『花子とアン』第17週 第97回 「腹心の友ふたたび」
 感想

蓮さまの絶縁状が新聞に載ってしまったのは龍一くんのおともだちの「革命ごっご」が原因だった!龍一くんも機密性の高い文書の取り扱いを信じていたとはいえ「下請け」に出すとはちょっと迂闊でしたね。

実話では、絶縁状が新聞に掲載されたのは龍一くんのモデルとなった人物が、絶縁状に自ら手を加えた上で白蓮を悲劇のヒロインに仕立て上げ世論を味方につけるための情報戦を仕掛けたのが理由。

その手口の善し悪しの議論は別に譲るとして、実話の新聞掲載が実に巧妙に仕組まれていたのに対して、劇中の蓮さまの絶縁状騒動はちょっと残念かも。蓮さまの悲劇性がその文面から伝わって来ない上、龍一くんのヘマが原因とは。

久しぶりの登場した伯爵様、これから粘着気質の性格を発揮して蓮さま探しに奔走しはじめます。その後、しばらく伯爵様と蓮さまの義姉のいけずに付き合わされることになりそうで、その場面を想像するとちょっと憂鬱です。

龍一くんと仲間たちのボケ、葉山家のイケズ。そんな中、伝助さんの株がますます上がるかもです。今回、蓮さまへの反撃を開始した伝助さんではありますが、この後しばらくして鳥肌が立つような男気を見せてくれることになるみたいです。

話しが前後しますが今回の主要登場人物たちの右往左往ぶりの中で、花子に執拗に食い下がるハイエナみたいな新聞記者たちを「いい加減にしろ!度が過ぎる!帰れ!」と一喝して追い払った吉太郎くんが一服の清涼剤のように凛々しかった。兄やん、立派になったじゃんね。

新聞記者につきまとわれるかよちゃんを守った郁弥くんもさりげなくいい働きしました。郁弥くんを頼もしそうに見つめるかよちゃんの目が印象的。郁弥くんとかよちゃんの愛らしいカップルもこの先幸福になってもらいたいのですが・・・

<<前回96話 | 次回98話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 97話 蓮子の絶縁状が新聞に掲載”

  1. hublog より:

    コメントありがとうございます。
    総集編見たかったのですが『花子とアン』放送直後に出かけることになってしまったので残念ながら見ることが出来ませんでした。思えばあと2ヶ月ちょっとで『花子とアン』も結末を迎えてしまうのですね。最後までどうぞよろしくお願い致します。

  2. りつ より:

    いつも分かりやすい「花子とアン」情報、ありがとうございます。今日は「海の日」ということで8時のをのんびりと見ていたら、あらあらビックリ!続けて総集編があったとは!うれしいサプライズでした。今の状況に至るいろいろな伏線があったんだなあと、改めて思った次第。明日以降もブログ楽しみにしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ