花子とアン 99話 蓮子の居場所を訪ねる花子

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年7月23日(水)放送
第17週 第99話 「腹心の友ふたたび」

『花子とアン』第17週 第99回「腹心の友ふたたび」

吉太郎は蓮子の居場所を紙片に記し花子に知らせました。花子は早速、夜遅い時間にも関わらず蓮子に会いに行こうとするものの、身の危険を理由に英治は猛反対。花子と英治は初めて夫婦喧嘩をしてしまいます。

しかし、花子の固い決意を覆すことは出来ないと観念した英治は、翌朝かよを呼び寄せると長男・歩の子守を任せて、花子と英治は二人揃って蓮子が身を寄せている龍一の下宿に足を運びました。

駆け落ちをするために花子を利用してしまった蓮子は、もはや花子に会わす顔がないと花子を突き放そうとします。一方の花子は、そんな蓮子にこれ以上怒ったことがないくらい怒っていると詰め寄ります。

しかし、蓮子が花子に二度と会うつもりがないと言ったことが花子が腹を立てている理由とわかり蓮子はようやく花子に心を許しました。花子も誰かを本気で愛したいという蓮子の夢が叶ったことを心から祝福するのでした。


『花子とアン』第17週 第99回 「腹心の友ふたたび」感想

修和女学校時代、花子(当時はな)への相談なしに伝助さんとの婚約を決めた蓮さまに、当時の花子は失望。そんな花子と顔を会わせるのがつらい蓮さまは花子を子供扱いにし、自分と腹心の友になれるわけなどないと突き放していましたね。

今回もまた、花子に会わせる顔がない蓮さまは同様に花子を突き放しにかかりました。同じ手口で出て来た蓮さまに、かつての花子は子供だったこともあり、蓮さまに見捨てられたくらいに思っていたみたいでした。立腹と落胆から蓮さまの結婚披露宴をボイコット。

しかし花子も大人に。蓮さまが同じ手口で出て来てもその手には乗らず・・・乗ってしまったのかも知れませんが「これ以上怒ったことがないくらい怒ってるわ」と怒りを露にしたのがよかったみたいです。

花子の「怒り」の理由は、全回と今回とではまるで性質が異なるもの。全回は、伝助さんとの婚約そのものが理解できなかったことへの怒り。今回は蓮さまの行動を理解しているにも関わらず「二度と会わない」と蓮さまが言ったことへの立腹。

蓮さまは花子が伝助さんとの婚約当時と同じ反応を示すことを予想。花子のその後の成長を計算に入れていなかったのでしょう。花子が怒りを露にしていなかったら「腹心の友」は終わりになっていたかも知れませんね。

<<前回98話 | 次回100話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 99話 蓮子の居場所を訪ねる花子”

  1. 牛草美幸 より:

    村岡印刷さんが、とても素敵です。他の作品も調べてしまいました。なかなかスタイリッシュなものもあって、笑ってしまいました。これからも楽しみです。
    吉高百合子さんが、あんなに、
    いい演技をするとは、おもいませんでしたが、大好きになりました。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      村岡印刷さん、英治とは真逆のキャラも演じていたみたいですが、こんな両極端を演じてしまうなんてたいしたものです。吉高さんは脚本家ご指名だったようですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ