花子とアン 100話 蓮子妊娠、迫り来る危機

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年7月24日(木)放送
第17週 第100話 「腹心の友ふたたび」

『花子とアン』第17週 第100回「腹心の友ふたたび」

蓮子が龍一と駆け落ちしてから8ヶ月が経った頃、蓮子は龍一との子を妊娠していました。その頃、龍一の父の古い友人・山川弁護士の家に身を隠す蓮子と龍一を、花子はたびたび訪問していました。

しかし穏やかな日々にも暗雲がたちこめてきました。ある日、龍一が何者かに尾行され、山川弁護士の家も安全とは言えなくなってしまいます。花子と英治の提案で、蓮子は甲府の安東家に、龍一は大森の村岡家にそれぞれ身を寄せることになりました

そんな慌ただしさの中、醍醐は作家の宇田川に嘉納蓮子を題材にした作品の執筆を説得していました。しかし宇田川は全く関心を示さず、醍醐に自分で書いてみろと逆提案。宇田川のそのひと言に醍醐は心の中で何かを固めつつあるのでした。

花子と蓮子は甲府の安東家に到着。到着早々、花子は吉平とふじやリンに蓮子が安東家にいることを秘密にするよう釘を刺します。その頃、村岡に突然伝助が姿を現し龍一と乱闘をはじめ、止めに入った英治も巻き込まれてしまうのでした。


『花子とアン』第17週 第100回 「腹心の友ふたたび」感想

作家の宇田川さんに執筆依頼を断られた醍醐さまのこれからの動向が非常に気になります。「嘉納蓮子を题材にして書くべき、今の時代を反映している」と宇田川さんを説得する醍醐さま。

醍醐さまの口から「今の時代を反映」なんていう言葉が出て来ることにちょっとばかり違和感を感じました。これまでの醍醐さまからは想像もつかない言葉。でも、こんな言葉を言いそうな花子が頑に和装を貫いているのに対して醍醐さまは早い時期から洋装一筋。案外、時代の先端を走っていたのかも知れません。

醍醐さまの説得に対して宇田川さん曰く「それほどご執心ならあなたが書けばいい」醍醐さまの人生の転機がどんな形で訪れるのかがずっと気になっていたのですが、宇田川さんのひと言に背中を押されるとは。

続けて宇田川さん「誰もあんな人に共感する者などいない」。この言葉を聞いた瞬間に醍醐さまの表情がみるみる本気に。「共感する女性は大勢いる」という醍醐さまの信念が固まった瞬間かも知れません。醍醐さまが活躍する日々が待ちきれません。

さて、大森の村岡家に伝助さんが登場。いきなり大乱闘がはじまってしまいましたが、この後、冷静さを取り戻す伝助さんは更に男を上げることに。

福岡の新聞記者・黒沢さん、そして醍醐さま。今週に入りキャラクターの重要度がランクアップ。上述の通り伝助さんもますます視聴者の人気を集める中、これまで頼りないなと思っていた龍一くんが気の毒になってきました。

龍一くん、これまでのところ評価が高まるような見せ場をまるで用意されてもらっていない。というか、蓮さまと一緒になり仲間たちと「革命ごっこ」をはじめて以降、ますます頼りなくなってきたような気がします。

尾行され身に危険が迫っているにも関わらず、村岡家に隠れていればいいという英治の有り難い申し出にも自ら決断出来ず、山川弁護士に背中を押される始末。「何があってもこの子を守る」と口で言うのは簡単ですが、実行に移せるのか不安になってきました。

龍一くんが男を上げて、これまでの評価がガラリと代わってしまうような見せ場がそろそろ欲しいところです。

<<前回99話 | 次回101話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “花子とアン 100話 蓮子妊娠、迫り来る危機”

  1. えびすこ より:

    16・17週目のテーマである「白蓮事件」ですが、実際には村岡家も少なからず巻き込まれていたのでしょうか?恐らく多少のフィクションがあると思いますが、花子も女学校時代の同窓生なので気が気ではなかったでしょうね。それと花子と白蓮は実際にはどれくらいの期間付き合いがあったのでしょうか?
    先日の記事の投稿で記載した宇野千代ですが、関東大震災後に吉屋信子と交友を持っているようです。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      リアル「白蓮事件」に村岡家が巻き込まれたという資料は見当たりませんでした。新聞に絶縁状が掲載された三日後から白蓮と村岡花子さんの文通がスタート。三ヶ月ほど頻繁に書簡のやりとりをした後、女学校卒業以来十年ぶりの再開を果たしたというが実話の経過です。

  2. あっちゃん より:

    れんこの兄に腹が立つ女中も

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      ご指摘の二人、見事なまでにいいところがまるでない人物ですね。本当に腹が立ちます。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ