花子とアン 112話 蓮子と伝助が再会を果たす

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年8月7日(木)放送
第19週 第112話 「春の贈りもの」

『花子とアン』第19週 第112回「春の贈りもの」

花子を訪問していた伝助は村岡家の前で蓮子と偶然に再会しました。無視して通り過ぎようとする伝助を、蓮子は意を決して「ちょっと一杯やりませんか?」と飲みに誘います。蓮子が伝助を連れて行ったのはかよの屋台でした。

大騒動の末に離婚した二人が揃ってやって来たことで緊張するかよ。蓮子と伝助は、お互いに離れて座りながらも、それぞれがこれまでの自分の非を認め合ううちに二人は結婚して以来初めてわかり合うことが出来ました。そして二人は和解し、別れを告げました。

しかし、蓮子と伝助が酒を酌み交わす現場を龍一が目撃。泥酔した龍一は英治に担がれてやって来た村岡家で蓮子と出くわします。蓮子を詰る龍一に、蓮子は前の主人に別れを告げ、けじめを付けたのだと諭す花子。

そんなある日、伝助の部下の男が村岡家を訪問。伝助からの伝言で英治と花子が筑前銀行に赴くと、すでに伝助が話しを通していたらしく英治と花子への融資が決定。印刷機が購入出来る喜びを英治は興奮気味に平祐に伝えるのでした。


『花子とアン』第19週 第112回 「春の贈りもの」感想

濃密な大人の会話をたっぷり堪能。大人の二人がお互いをわかり合えてほっとした反面、もっと早いうちにわかり合えていればと残念な気持ちも。

「はなちゃんとかよちゃんはこの人のこと褒めていたわね、苦労人で優しい人だと。あの頃の私はこの人のいいところを見ようとしなかった」と蓮さま。

それに対して伝助さん、

「まあ、しかたなかったろう。今思えばこの人は気の毒な花嫁だった。俺は金の力で替えないものは何一つないと思っていた。この年になってやっとわかった、このよにはかねの力ではどうにもならんもんが一つだけある。俺の負けたい」

お互いに面と向かって会話するのでなく、かよちゃんに独り言で語りかけるような形で心のうちを披露しあうのもいいですね。真っ正面からこんな会話をしたら気恥ずかしくて見ていられなかったかも。

かよちゃんへの独り言の形をとって手の内を明かした二人はやっと和解。どちらが勘定を持つかのやりとりを機にやっと面と向かった会話スタートという自然な流れも実に心地よいものでした。

伝「今、幸せか?」

蓮「はい」

伝「そうか、そうか」

「そうか、そうか」と応える喜び半分、寂しさ半分の伝助さんの切ない表情も絶妙。「ごちそうになった。じゃあ、元気でな」と挨拶するところで、伝助さんがさりげなく姿勢を正すところには何故だか鳥肌が立ちました。

「神楽坂中の芸者呼んでどんちゃん騒ぎたい」

その晩、きっち陽気なフリをして大騒ぎするんでしょうけど、心の中は蓮さまのことでいっぱいなんでしょう。どんちゃん騒ぎの伝助さんの姿を想像すると胸が痛みます。

伝助さんの格好良さと切なさが入り交じる、本当にいい回でした。

<<前回111話 | 次回113話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

13 Responses to “花子とアン 112話 蓮子と伝助が再会を果たす”

  1. りつ より:

    はい、びっくりでした。NHKケータイ⇒「花子とアン」⇒今週の日めくりノート⇒各日付へ…かよちゃん役の黒木華さんが書いています。毎回のお話に寄せる俳優さん方の声が聞けて面白いです。

  2. りつ より:

    NHKのサイトを読んでいましたら、伝助さんの「おでこにチュッ」は、台本にはないアドリブだったとか。吉田鋼太郎さん、すごいなぁ〜!仲間さんの素敵な表情にも納得、でした。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      あれ、アドリブだったんですか!?咄嗟にあんなことが出来てしまうなんてすごい役者さんですね!

  3. hublog より:

    コメントありがとうございます。
    猛暑の中お疲れさまでした。『花子とアン』関連の展覧会はどこも大盛況のようですね。

    弥生美術館、東大、そして上野公園。あの界隈はとても好きなので、そんな街にある中学校に通っていたなんて羨ましいです。

  4. りつ より:

    弥生美術館の、村岡花子と「赤毛のアン」の世界展、見てまいりました。平日の昼間、この猛暑の中でしたが、たくさんの方で大盛況でした。(折しも隣の東大がオープンキャンパス中ですごい人出!)たくさんの写真、書籍、直筆の手紙、新聞記事などなど見応えたっぷりでした!
    近くの中学校に通っていたので、日陰を選んで懐かしく池ノ端まで散歩。いい半日でした。

  5. ねこ より:

    先週の関東大震災から半年経過したのでしょうか。春になっています。庭の忘れな草を見つめるかよ。
    郁弥さんのことをきっと毎日思い出すのでしょうね。ドラマでは、いろんな恋愛の形が描かれています。まだ恋に遠い彼、彼女にも、幸せが訪れますように。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      今回、最後に登場した咲きほこる忘れな草の場面は、静かな演出ながらも強く印象に残る場面でしたね。かよちゃんは忘れな草の花を見て何を思っていたのでしょうか。

  6. あめちゃん より:

    去り際のキス、いいなぁ。結婚はするより別れる方がものすごく大変なので、お互いの幸せを願ながら「さようなら」とちゃんと言えたこの別れは、最高のものだったと思います。大人だからこその素敵な別れ。伝助さん、本当に格好いい。
    それにしても龍一君、発展途上なのは承知してますが、もっと頑張らないと。応援してます。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。

      > 結婚はするより別れる方がものすごく大変

      本当にそうですね。実に見事な幕引きでした。

      蓮さまの「ごきげんよう、さようなら」は、『花子とアン』名場面のひとつに確定ですね。

  7. ねこ より:

    伝助さんの、ハァ〜?からはじまり、なかなかの展開でしたね。リアル伝助さんは、ただ金持ちだけではない、地元にも貢献した名士だということ。蓮子は合わなかったのと、強すぎる性格。もったいなかったなぁと思います。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      決してハラハラドキドキするような展開でないにも関わらず、呼吸をするのを忘れてしまうような濃密な大人の会話をたっぷり堪能できました。
      今になってわかりあえて、本当にもったいなかったですね。

  8. つまぴょん より:

    伝助さん、これぞ男の中の男。かっこよかったですね。
    そして、蓮子のことを本当に心から愛してたことが、改めてよくわかる回でした。
    蓮子に「今、幸せか?」と問い、蓮子が「はい」と幸せな表情で答えた時の伝助さん、自分が蓮子にこの顔をさせられなかった悔しさを一瞬出した後、蓮子の幸せを心から喜ぶ表情…
    最後の別れの際に、額にそっとキスする場面、素敵な大人の別れです。

    蓮子の方も、本当に晴れ晴れとした表情してましたね。
    本当に素敵な回でした。

    • hublog より:

      コメントありがとうございました。
      今日は朝から本当にいいものを見せてもらいました。

      「俺の負けたい」

      伝助さんの潔さに心底しびれました。
      二人とも大人でしたね。そして大人を満足させてくれるエピソードでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ